芍薬の語源・由来

芍薬の「芍」は「鮮やか」「はっきり目立つ」「抜きん出て美しい」という意味。
「薬」は文字通り、薬草として用いたことに由来する。
つまり、芍薬は「抜きん出て美しい薬草」の意味からついた名前である。
日本には古く中国から渡来し、消炎薬や鎮痛薬などの薬草として利用され、のちに観賞用としても栽培されるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 卒寿の語源・由来

  2. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  3. いざ鎌倉の語源・由来

  4. 横須賀市の語源・由来

  5. 猖獗の語源・由来

  6. 「トナカイ」と「カリブー」の違い

  7. 雲泥の差の意味・類語・言い換え

  8. メハジキの語源・由来

  9. おかずの語源・由来

  10. 紳士の語源・由来

  1. タンチョウの意味・別名・類語

  2. 山口県の市町名一覧

  3. タメ口の語源・由来

  4. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」の違い

  5. 流行の語源・由来

  6. かいわれ大根の意味・別名・類語

  7. ブービー賞の意味・類語・言い換え

  8. 一姫二太郎の語源・由来

  9. 葛飾区の意味・シンボル

  10. 雷(らい)の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. トマトの栄養基礎知識

  2. タコメーターの語源・由来

  3. 歌舞伎の語源・由来

  4. ロハの語源・由来

  5. 秋田市の語源・由来

  6. コリアンダーの語源・由来

  7. ぜんざいの語源・由来

TOP