ひょっとこの語源・由来

ひょっとこは、火吹き竹で火を吹いた表情をしていることから、「火男(ひおとこ)」が転じ「ひょっとこ」になったとされる。
火男は東北地方の「竃神(かまどがみ)」といわれ、火男の神は「ひょうとく」とも呼ばれる。
一説には、目が大小不釣合いで徳利のような口をしているため、「非徳利(ひとっくり)」が転じたともいわれるが、かなり無理があるように思える。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. トド(アシカ科)の語源・由来

  2. 「毛」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 「離す」と「放す」の違い

  4. 池田市の語源・由来

  5. モンブラン(ケーキ)の意味・別名・類語

  6. 「焼く」「炒める」「炒る」の違い

  7. 内縁の意味・類語・言い換え

  8. いぼの語源・由来

  9. お屠蘇の意味・類語・言い換え

  10. 酉年の意味・類語・言い換え

  1. 月とすっぽんの意味・類語・言い換え

  2. メリヤスの語源・由来

  3. せわしないの意味・類語・言い換え

  4. コーチの意味・類語・言い換え

  5. ネコババの意味・類語・言い換え

  6. いよかんの語源・由来

  7. コンビニの意味・類語・言い換え

  8. 備長炭の語源・由来

  9. 私の語源・由来

  10. サーロインの語源・由来

人気記事

  1. 嘘の皮の語源・由来

  2. 大根の栄養基礎知識

  3. 「一般職」と「総合職」の違い

  4. 木っ端の火の語源・由来

  5. スミイカの語源・由来

  6. うなぎの語源・由来

  7. ニスの語源・由来

TOP