ひょっとこの語源・由来

ひょっとこは、火吹き竹で火を吹いた表情をしていることから、「火男(ひおとこ)」が転じ「ひょっとこ」になったとされる。
火男は東北地方の「竃神(かまどがみ)」といわれ、火男の神は「ひょうとく」とも呼ばれる。
一説には、目が大小不釣合いで徳利のような口をしているため、「非徳利(ひとっくり)」が転じたともいわれるが、かなり無理があるように思える。

出典:語源由来辞典

TOP