青菜に塩の語源・由来

青菜に塩の「青菜」は、ほうれん草や小松菜など緑色の葉菜のこと。
生き生きした新鮮な青菜でも、塩をふりかけると水分を失ってしおれてしまうことから、急にしょげるさまを「青菜に塩」と言うようになった。
青菜に塩は、元気のあった人が急に勢いをなくすことをいう言葉なので、最初から元気のなかった人や、悪いことが重なったため気力をなくした場合には用いない。
類句には「なめくじに塩」、同意句には「青菜を湯につけたよう」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. じゃれるの語源・由来

  2. フルートの語源・由来

  3. てるてる坊主の意味・別名・類語

  4. 喫茶店の意味・別名・類語

  5. 棚ぼたの意味・類語・言い換え

  6. ぼられるの意味・類語・言い換え

  7. 普段の語源・由来

  8. 富士山の意味・別名・類語

  9. リンドウの語源・由来

  10. 大分県の語源・由来

  1. 「小額」と「少額」の違い

  2. なおざりの意味・類語・言い換え

  3. 「コリアンダー」と「パクチー」の違い

  4. あなごの語源・由来

  5. 後悔先に立たずの語源・由来

  6. おばんざいの意味・類語・言い換え

  7. ブランコの種類

  8. エメラルドの語源・由来

  9. おかかの語源・由来

  10. オイルサーディンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 会社の語源・由来

  2. 神経の語源・由来

  3. ニシンの語源・由来

  4. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」の違い

  5. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」の違い

  6. 「秘密」「内緒」「内密」の違い

  7. あざなの語源・由来

TOP