飯の語源・由来

飯は「召す(めす)」の連用形「召し(めし)」が名詞になった語で、召し上がる物の意味。
当初は「召しもの」といった表現がされ、「めし」は食物一般をさしていた。
しかし、室町時代には「飯(古くは「いひ」)」を「めし」と読んでおり、この頃から現在と同じような意味を持つようになっていた。
ただし、日常語として用いられるのは江戸時代以後で、「食事一般」の意味で用いられるようになるのも江戸時代以後のことである。
「召す」は尊敬の動詞であることから、それまでは「めし」にも敬語意識が伴なっていたと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. リーフレタスの栄養基礎知識

  2. 「神」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 判で押したようの意味・類語・言い換え

  4. お屠蘇の語源・由来

  5. 取手市の語源・由来

  6. サイダーの語源・由来

  7. 「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」の違い

  8. 戒名の語源・由来

  9. けちをつけるの語源・由来

  10. がめついの語源・由来

  1. ハーブの意味・類語・言い換え

  2. 大団円の意味・類語・言い換え

  3. 春告魚の語源・由来

  4. タメ口の語源・由来

  5. ナズナの語源・由来

  6. 鬼籍簿の意味・類語・言い換え

  7. 備長炭の意味・類語・言い換え

  8. 梅雨の意味・類語・言い換え

  9. かたいの語源・由来

  10. 顎足付きの語源・由来

人気記事

  1. 甚平の語源・由来

  2. コンピューターの語源・由来

  3. バジル粉末の栄養基礎知識

  4. 卵の栄養基礎知識

  5. 文月の語源・由来

  6. 定家煮の語源・由来

  7. もっけの幸いの語源・由来

TOP