カレイの語源・由来

カレイの語源には、一方に眼がついており体の色も左右で色が異なることから、片割れのような魚の意味で「カタワレイオ(片割れ魚)」が変化したとする説がある、
しかし、これは古名を無視して考えられた俗説である。
古名は「カラエヒ(カラエイ)」で、これが転じて「カレイ」となった。
平安中期の『本草和名』にも、「加良衣比(カラエヒ)」とある。
「カラエヒ」の「エヒ」は魚のエイのことで、体が平たく形が似ており、カレイがエイの一種と考えられていたためである。
「カラ」は「枯れる」の意味で、体色が枯れた葉の色に似るところからであろう。
漢字の「鰈」にも、薄くて平らなといった意味がある「葉」の字が使われている。
「左ヒラメに右カレイ」と言い、ふつうは腹を手前にしたときに目が右側にくるのがカレイだが、ヌマガレイは左側に目がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  2. 鳶職の意味・類語・言い換え

  3. Vサインの語源・由来

  4. 「Tシャツ」と「カットソー」の違い

  5. こけら落としの語源・由来

  6. ずぼらの語源・由来

  7. セラミックの意味・類語・言い換え

  8. 取手市の意味・シンボル

  9. よろしくの語源・由来

  10. 「好意」と「厚意」の違い

  1. しおりの意味・類語・言い換え

  2. 「見る」「見つめる」「眺める」の違い

  3. キセルの語源・由来

  4. ミーハーの意味・類語・言い換え

  5. 蜃気楼の意味・別名・類語

  6. 「海」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 土左衛門の語源・由来

  8. 高距の意味・類語・言い換え

  9. ぎゃふんの語源・由来

  10. 胡散臭いの語源・由来

人気記事

  1. 嵐の語源・由来

  2. わくわくの語源・由来

  3. つぶ貝の栄養基礎知識

  4. ゲルマニウムの語源・由来

  5. ヘビの語源・由来

  6. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」の違い

  7. とんでもないの語源・由来

TOP