よりを戻すの語源・由来

よりを戻すの「より」は、糸などの細かいものを何本かねじり合わせることを意味し、漢字では「縒り」と書く。
この絡まった「縒り」をほどいて元の状態に戻すことが、「縒りを戻す」の本来の意味である。
江戸時代後期から、複雑にこじれた人間関係を元に戻すことも、「よりを戻す」と表すようになった。
当初は兄弟関係などにも使われたが、現代では男女関係を修復する場合に限って使われるようになっている。
男女関係の意味で使う「よりを戻す」には、「こじれた関係」というニュアンスは含まず、「修復」に重点を置いて用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 正月の語源・由来

  2. 家の語源・由来

  3. 利子と利息と金利の違い

  4. とぼけるの語源・由来

  5. かかとの語源・由来

  6. 焼きが回るの語源・由来

  7. 台無しの語源・由来

  8. 領袖の語源・由来

  9. はした金の語源・由来

  10. 山口県の市町名一覧

  1. 力士と関取の違い

  2. 愚人節の意味・類語・言い換え

  3. 篠突く雨の語源・由来

  4. 青田買いの語源・由来

  5. 関心の意味・類語・言い換え

  6. 秋茄子は嫁に食わすなの意味・類語・言い換え

  7. 形見の語源・由来

  8. すこぶるの意味・類語・言い換え

  9. 同棲の意味・類語・言い換え

  10. ホラ吹きの語源・由来

人気記事

  1. かいわれ大根と大根の違い

  2. 十分と存分の違い・使い分け

  3. ビュッフェとバイキングの違い

  4. 母体と母胎の違い

  5. チョッキとベストとジレの違い

  6. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

  7. 第1回冬季オリンピック大会の正式名称は長くてややこしい

TOP