よりを戻すの語源・由来

よりを戻すの「より」は、糸などの細かいものを何本かねじり合わせることを意味し、漢字では「縒り」と書く。
この絡まった「縒り」をほどいて元の状態に戻すことが、「縒りを戻す」の本来の意味である。
江戸時代後期から、複雑にこじれた人間関係を元に戻すことも、「よりを戻す」と表すようになった。
当初は兄弟関係などにも使われたが、現代では男女関係を修復する場合に限って使われるようになっている。
男女関係の意味で使う「よりを戻す」には、「こじれた関係」というニュアンスは含まず、「修復」に重点を置いて用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. あまのじゃくの語源・由来

  2. 御菜葉の語源・由来

  3. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」の違い

  4. ソテーの語源・由来

  5. ケチャップの語源・由来

  6. お年玉の語源・由来

  7. ぜんざいの意味・別名・類語

  8. 張本人の語源・由来

  9. ゴトウイカの意味・別名・類語

  10. レンガの語源・由来

  1. まぶたの語源・由来

  2. ダリアの語源・由来

  3. ペディキュアの語源・由来

  4. 都合の語源・由来

  5. 暗中模索の語源・由来

  6. 「茹でる」「湯がく」「湯通し」の違い

  7. セントバーナードの語源・由来

  8. パンプキンの語源・由来

  9. 麻の意味・別名・類語

  10. 取らぬ狸の皮算用の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 血祭りに上げるの語源・由来

  2. ひたちなか市の語源・由来

  3. 「会話」「談話」「対話」の違い

  4. 狼狽の語源・由来

  5. 「交代」と「交替」の違い

  6. 岡山県の語源・由来

  7. お節介の語源・由来

TOP