クラリネットの語源・由来

クラリネットは、シャリュモーという楽器から発達したもので、18世紀初頭にドイツのヨハン・クリストフ・デンナーによって発明されたといわれる。
シャリュモーが低い音域であったのに対し、クラリネットは高音で、小型の高音トランペットの「クラリーノ」に音色が似ていたことからこの名前が付いた。
「クラリネット」や「クラリーノ」は、「明るい」「晴れた」「はっきりした」などを意味する「clear」と同源で、ラテン語で「明白な」「明るい」を意味する「clarus」に由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 三毛猫のオスが少ない理由

  2. 鬱陶しいの語源・由来

  3. シミュレーションとシュミレーションの違い

  4. 火中の栗を拾うの語源・由来

  5. くるみの栄養基礎知識

  6. 儲けると稼ぐの違い

  7. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

  8. 差し金の語源・由来

  9. もんぺの語源・由来

  10. 悲喜こもごもの語源・由来

  1. コップの語源・由来

  2. はにかむの語源・由来

  3. 宴会の意味・類語・言い換え

  4. 大枚をはたくの意味・類語・言い換え

  5. 禍福は糾える縄の如しの語源・由来

  6. インフルエンザの語源・由来

  7. アシカとアザラシとセイウチの違い

  8. 国士無双の意味

  9. みいはあ族の意味・類語・言い換え

  10. 猫も杓子もの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ウサギの目が赤い理由

  2. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

  3. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  4. マナーとエチケットの違い

  5. 山と丘の違い

  6. 謝罪と陳謝と深謝の違い

  7. 交じると混じると雑じるの違い・使い分け

TOP