天童市の語源・由来

天童の地名は、戦国期に「天童宝樹山仏向精舎」で見えるのが古い。
天童の由来には、護衛童子(ごえいどうじ)と摩竭童子(まかつどうじ)という二人の童子が舞い降りてきたことから、「二」と「人」の字を合わせて「天」、それに「童子」で「天童」になったという言い伝えがあるが、単純に、仏教の守護神が子供の姿になって現れた「天童」からと考えるのが妥当であろう。
その他、天童の語源には、北畠親房の孫の天童丸が城を築いたことに由来する説や、「山頂」を意味する「てんど」からといった説もある。

出典:語源由来辞典

TOP