銀杏の語源・由来

漢名の「銀杏(ギンキャウ)」の唐音「ぎんあん」の連声で、「ぎん」の「n」が影響して「あん」が「なん」に変わり、「ぎんなん」となった。
イチョウの学名を「Ginkgo biloba」というが、1960年にドイツのエンゲルベルトケンペルが日本のイチョウを研究した際、「Ginkyo(銀杏)」の綴りを間違えたため、「Ginkgo」になってしまったといわれる。
「biloba」はラテン語による造語で、葉の形が二つの翼からできていることを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 羽の語源・由来

  2. あけぼのの語源・由来

  3. 堪能の語源・由来

  4. 春一番の語源・由来

  5. なでるとさするとこするの違い・使い分け

  6. ネクタリンの栄養基礎知識

  7. 温州みかんの語源・由来

  8. オーロラの語源・由来

  9. 香川県の語源・由来

  10. 宿命と運命の違い

  1. 天の川の語源・由来

  2. 偽の語源・由来

  3. 血道を上げるの意味・類語・言い換え

  4. 羨ましいの語源・由来

  5. 冷たいの意味・類語・言い換え

  6. ロードの語源・由来

  7. 夢の意味

  8. 圧巻の意味・類語・言い換え

  9. 価格と値段と料金と代金と代価と金額の違い・使い分け

  10. 高飛車の語源・由来

人気記事

  1. 燃やすと焼くと焚くの違い

  2. 電気と電機と電器の違い・使い分け

  3. 「納豆に生卵は食べ合わせが悪い」は大袈裟!

  4. 拝啓と謹啓と前略の違い・使い分け

  5. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  6. 自首と出頭の違い

  7. 辞任と辞職と退任と退職の違い・使い分け

TOP