銀杏の語源・由来

漢名の「銀杏(ギンキャウ)」の唐音「ぎんあん」の連声で、「ぎん」の「n」が影響して「あん」が「なん」に変わり、「ぎんなん」となった。
イチョウの学名を「Ginkgo biloba」というが、1960年にドイツのエンゲルベルトケンペルが日本のイチョウを研究した際、「Ginkyo(銀杏)」の綴りを間違えたため、「Ginkgo」になってしまったといわれる。
「biloba」はラテン語による造語で、葉の形が二つの翼からできていることを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 遮二無二の語源・由来

  2. 考慮の意味・類語・言い換え

  3. 座敷の語源・由来

  4. 修羅場の語源・由来

  5. ウドの意味・別名・類語

  6. 癪に障るの語源・由来

  7. ほうほうのていの語源・由来

  8. 「猫」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. きゅうりの語源・由来

  10. 土砂降りの語源・由来

  1. 踊り場の語源・由来

  2. きしめんの語源・由来

  3. 山形県の市町村名一覧

  4. エノコロヤナギの語源・由来

  5. 圧力鍋の意味・類語・言い換え

  6. キャラクターの意味・類語・言い換え

  7. スズメの語源・由来

  8. デブの語源・由来

  9. ばっちりの語源・由来

  10. 縁起の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 戦う(闘う)の語源・由来

  2. 「伯母」「叔母」「小母」の違い

  3. 観念の語源・由来

  4. 「習字」と「書道」の違い

  5. ピエロの語源・由来

  6. オリーブオイルの栄養基礎知識

  7. 当て馬の語源・由来

TOP