蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い


蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。

蛾は茶色を保護色とするものが多いことや、夜行性で派手な模様になる必要がないため、蝶は美しく、蛾は醜いというイメージもあるが、昼行性の蛾の中には、蝶よりも美しいと思えるものも多く存在する。

蝶は胴体が細く、蛾は胴体が太いといわれるが、胴体が太い蝶もいれば、胴体の細い蛾もいる。

蝶は羽をたたんでとまり、蛾は羽を広げてとまるといわれるが、蝶の中にも羽を広げてとまるものが多く存在し、蛾の中にも羽を広げずにとまるものもいる。

蝶の触角は先がふくらんだこん棒状で、蛾の触角は糸状・櫛状・羽毛状など様々。
蝶と同じ形の触角を持つ蛾もいる。

上記のとおり、よくいわれる違いも「日本に生息する蝶と蛾の一般的な違い」をいったもので、例外が多く、明確に区別することは難しい。
そもそも、「蝶」と「蛾」は同じ「鱗翅目の昆虫」で、生物分類学上でも区別されていない。
また、日本語や英語では「蝶(butterfly)」と「蛾(moth)」を区別しているが、フランス語やドイツ語など多くの言語では、「蝶」と「蛾」の区別はなく、ひとつの言葉で言い表されている。

今見られている記事 ランダム
  1. 年越し詣での意味・類語・言い換え

  2. 頭と顔の境目はどこか

  3. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  4. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

  5. プレゼントの語源・由来

  6. 裏目に出るの意味・類語・言い換え

  7. 洗いの語源・由来

  8. 重症と重傷の違い・使い分け

  9. パフェとサンデーの違い

  10. トラウマの語源・由来

  1. 茶話会の意味・類語・言い換え

  2. サラリーの意味・類語・言い換え

  3. べっぴんの語源・由来

  4. 金科玉条の意味・類語・言い換え

  5. 敬老の日の意味・類語・言い換え

  6. ねじとボルトとビスと釘の違い

  7. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  8. 多機能の意味・類語・言い換え

  9. わかるの語源・由来

  10. 五輪(オリンピック)の意味・別名・類語

人気記事

  1. HIVとエイズの違い

  2. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  3. 路地と路地裏と裏路地と横丁の違い

  4. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  5. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

  6. 木材と材木の違い・使い分け

  7. 調理と料理の違い・使い分け

TOP