蝶の語源・由来

チョウの名は、漢字「蝶」の字音に由来する。
日本古来の呼称は「カハラビコ(カハラヒコ)」であったが、平安時代には「テフ(チョウの歴史的仮名)」と呼ばれていた。
「葉」には「薄くてひらひらするもの」の意味があり、漢字の「蝶」は「翅が薄くひらひら飛ぶ虫」を表したものと考えらえている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 年の瀬の意味・類語・言い換え

  2. 「パート」と「アルバイト」の違い

  3. 豊平区の意味・シンボル

  4. 資本の語源・由来

  5. 陣痛の意味・類語・言い換え

  6. 口の語源・由来

  7. 大御所の意味・類語・言い換え

  8. 文明の種類

  9. まんじゅうの語源・由来

  10. Vサインの語源・由来

  1. ポワソンダブリルの意味・類語・言い換え

  2. 己亥の意味・類語・言い換え

  3. エノコロヤナギの語源・由来

  4. なるほどの語源・由来

  5. アサリの栄養基礎知識

  6. 重文の意味・類語・言い換え

  7. 「始め」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. アマゴの語源・由来

  9. 鵜呑みの語源・由来

  10. モグラの語源・由来

人気記事

  1. パンプキンの語源・由来

  2. 親知らずの語源・由来

  3. 風待月の語源・由来

  4. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」の違い

  5. 「下着」「肌着」「ランジェリー」の違い

  6. 水商売の語源・由来

  7. 石に針の語源・由来

TOP