トウモロコシのひげの正体と粒の関係

トウモロコシのひげの正体

皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。
あのひげは糸のように細く、収穫時期に絹のような艶が出ることから、「絹糸(けんし)」と呼ばれており、もともとはトウモロコシのめしべの一部です。
トウモロコシは雄花と雌花が別々の雌雄異花という植物で、茎の先端にある雄花が花粉を落とし、絹糸がその花粉をキャッチすることで受粉します。

トウモロコシのひげと粒の関係

受粉しためしべ(絹糸)には、それぞれの根元に粒ができるため、絹糸は粒のひとつひとつから伸びており、トウモロコシの粒の数と毛の本数は同じになります。
毛の本数と粒の数が同じということは、毛がフサフサしているものほど粒の数が多いトウモロコシであるといえます。
粒の数は品種によって異なりますが、一本で約600粒ほどついています。

今見られている記事 ランダム
  1. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  2. バジルの栄養基礎知識

  3. 蕎麦の語源・由来

  4. 日本の語源・由来

  5. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  6. しんどいの語源・由来

  7. うちわの語源・由来

  8. へなちょこの語源・由来

  9. ほうれん草の語源・由来

  10. 神の語源・由来

  1. 党規の意味・類語・言い換え

  2. 嘘の皮の語源・由来

  3. 占いの意味・類語・言い換え

  4. 高嶺の花の意味・類語・言い換え

  5. 教養の語源・由来

  6. 驚くの語源・由来

  7. 土壇場の語源・由来

  8. 驚くの意味・類語・言い換え

  9. 小首を傾げるの語源・由来

  10. 桜の語源・由来

人気記事

  1. 安全第一の続きと由来

  2. レンコンに穴があいている理由と穴の数

  3. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  4. 悲しいと哀しいの違い・使い分け

  5. マンションとアパートの違い

  6. 耐震と免震と制震と制振の違い

  7. 謝罪と陳謝と深謝の違い

TOP