トウモロコシのひげの正体と粒の関係

トウモロコシのひげの正体

皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。
あのひげは糸のように細く、収穫時期に絹のような艶が出ることから、「絹糸(けんし)」と呼ばれており、もともとはトウモロコシのめしべの一部です。
トウモロコシは雄花と雌花が別々の雌雄異花という植物で、茎の先端にある雄花が花粉を落とし、絹糸がその花粉をキャッチすることで受粉します。

トウモロコシのひげと粒の関係

受粉しためしべ(絹糸)には、それぞれの根元に粒ができるため、絹糸は粒のひとつひとつから伸びており、トウモロコシの粒の数と毛の本数は同じになります。
毛の本数と粒の数が同じということは、毛がフサフサしているものほど粒の数が多いトウモロコシであるといえます。
粒の数は品種によって異なりますが、一本で約600粒ほどついています。

今見られている記事 ランダム
  1. 金科玉条の意味・類語・言い換え

  2. 鶏ひき肉の栄養基礎知識

  3. ワッフルの意味・別名・類語

  4. 段ボールの語源・由来

  5. 矍鑠の意味・類語・言い換え

  6. 和泉市の語源・由来

  7. 宇治市の語源・由来

  8. お釈迦になるの語源・由来

  9. リスの種類

  10. お造りの意味・類語・言い換え

  1. くだらないの意味・類語・言い換え

  2. アーモンドの栄養基礎知識

  3. ざっくばらんの語源・由来

  4. 瓜田に履を納れずの意味・類語・言い換え

  5. おぼつかないの語源・由来

  6. 箱乗りの意味・類語・言い換え

  7. 虻蜂取らずの意味・類語・言い換え

  8. イモリの語源・由来

  9. 「鱗」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. コリーの語源・由来

人気記事

  1. 花柳界の語源・由来

  2. 夜なべの語源・由来

  3. 癪に障るの語源・由来

  4. ヨーグルトの栄養基礎知識

  5. 「整える」と「調える」の違い

  6. スペアミントの語源・由来

  7. オリーブの栄養基礎知識

TOP