トウモロコシのひげの正体と粒の関係

トウモロコシのひげの正体

皮つきのトウモロコシの先端から、フサフサしたひげ(毛)が生えています。
あのひげは糸のように細く、収穫時期に絹のような艶が出ることから、「絹糸(けんし)」と呼ばれており、もともとはトウモロコシのめしべの一部です。
トウモロコシは雄花と雌花が別々の雌雄異花という植物で、茎の先端にある雄花が花粉を落とし、絹糸がその花粉をキャッチすることで受粉します。

トウモロコシのひげと粒の関係

受粉しためしべ(絹糸)には、それぞれの根元に粒ができるため、絹糸は粒のひとつひとつから伸びており、トウモロコシの粒の数と毛の本数は同じになります。
毛の本数と粒の数が同じということは、毛がフサフサしているものほど粒の数が多いトウモロコシであるといえます。
粒の数は品種によって異なりますが、一本で約600粒ほどついています。


今見られている記事 ランダム
  1. 猫に小判の語源・由来

  2. 読む(詠む)の語源・由来

  3. トリの意味・類語・言い換え

  4. 合コンの意味・類語・言い換え

  5. 対象と対照と対称の違い・使い分け

  6. 切ないの語源・由来

  7. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  8. おっぱいの語源・由来

  9. コーンの意味・別名・類語

  10. 草の語源・由来

  1. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

  2. なぜ犬はお尻の臭いを嗅ぐのか

  3. 年の語源・由来

  4. 飛行機と航空機の違い

  5. 宴の意味・類語・言い換え

  6. カレンダーの語源・由来

  7. 平和と和平の違い

  8. ウインナーの語源・由来

  9. 夕焼けと夕暮れの違い

  10. 住めば都と住まば都の違い

人気記事

  1. 伯父と叔父と小父の違い

  2. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  3. さけるとよけるの違い・使い分け

  4. おしることぜんざいの違い

  5. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  6. 畳の江戸間と京間と中京間と団地間の違い

  7. 警視庁と警察庁の違い

TOP