薹が立つの語源・由来

「薹」は「ふきのとう」と言うように、フキやアブラナなど花をつける茎の「花茎」のこと。
薹が伸びると硬くなり、食べ頃を過ぎてしまう。
そこから、野菜などの花茎が伸びて、食用に適する時期を過ぎたことを「薹が立つ」と言うようになり、人間の年にも当てはめて用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サルの語源・由来

  2. 「雀」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

  4. 3つの区の境にあるJR板橋駅の住所はなぜ板橋区なのか

  5. サクラ(おとり)の意味・類語・言い換え

  6. ちまきの語源・由来

  7. あんぽ柿の語源・由来

  8. カーネーションの語源・由来

  9. 「行政書士」と「司法書士」の違い

  10. 「食料」と「食糧」の違い

  1. 懐かしいの語源・由来

  2. 病膏肓に入るの語源・由来

  3. 町田市の語源・由来

  4. キャラウェイの意味・別名・類語

  5. 玄翁の語源・由来

  6. すっぱ抜くの語源・由来

  7. 嵩にかかるの語源・由来

  8. 宇治市の語源・由来

  9. 傍若無人の意味・類語・言い換え

  10. 「裸足」「素足」「生足」の違い

人気記事

  1. オセロの語源・由来

  2. 濡れ手で粟の語源・由来

  3. 七飯町の語源・由来

  4. 甲斐の語源・由来

  5. マスカラの語源・由来

  6. 「暖かい」と「温かい」の違い

  7. シジュウカラの語源・由来

TOP