風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」

病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「病気になる」といいますが、風邪は「風邪をひく」といいます。
風邪と似た症状でも、インフルエンザは「インフルエンザにかかる」といって「インフルエンザをひく」とはいいません。
風邪だけが「ひく」を使うのはなぜでしょう?

「風邪をひく」という理由

「風邪」は空気の動きや流れを表す「風」が語源となっており、昔は「風」と書いていました。
中国では、外気に邪悪なものが潜んでおり、体に悪い影響を及ぼすと考えられていたことから、「風」に「邪」を付け「風邪(ふうじゃ)」と表しました。
「風邪」の漢字が日本に入った当初は、「風邪」を「ふうじゃ」と音読していましたが、やがて和語の「かぜ」に「風邪」を当て、病気と空気の流れを区別するようになりました。
風邪は体に悪い影響を及ぼす邪悪な風を吸い込むことからなると考えられていた病気。つまり、風邪は体に邪悪な風を引き込むことです。
そのため、「風邪になる」や「風邪にかかる」とはいわず、「風邪をひく」というようになったのです。

今見られている記事 ランダム
  1. 小額と少額の違い・使い分け

  2. 同意語の意味・類語・言い換え

  3. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  4. 鬼籍に入るの意味・類語・言い換え

  5. ライチの栄養基礎知識

  6. いちごの栄養基礎知識

  7. 蛇足の意味

  8. 十八番の意味・類語・言い換え

  9. マフラーの語源・由来

  10. モテるの意味・類語・言い換え

  1. はんこの意味・類語・言い換え

  2. 敬老の日と老人の日の違い

  3. ハスカップの栄養基礎知識

  4. リクルートの語源・由来

  5. 御社と貴社の違い・使い分け

  6. 大福の意味・別名・類語

  7. 船(舟)の語源・由来

  8. 人間の語源・由来

  9. オセロとリバーシの違い

  10. アンコウの栄養基礎知識

人気記事

  1. 山と丘の違い

  2. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  3. キャンディとドロップの違い

  4. 寄付金と義援金と支援金の違い

  5. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

  6. 勧めると奨めると薦めるの違い・使い分け

  7. 凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)の違い

TOP