風邪はなぜ「かかる」ではなく「ひく」というのか

インフルエンザは「かかる」、風邪は「ひく」

病気は「かかる」や「なる」を使って、「病気にかかる」「病気になる」といいますが、風邪は「風邪をひく」といいます。
風邪と似た症状でも、インフルエンザは「インフルエンザにかかる」といって「インフルエンザをひく」とはいいません。
風邪だけが「ひく」を使うのはなぜでしょう?

「風邪をひく」という理由

「風邪」は空気の動きや流れを表す「風」が語源となっており、昔は「風」と書いていました。
中国では、外気に邪悪なものが潜んでおり、体に悪い影響を及ぼすと考えられていたことから、「風」に「邪」を付け「風邪(ふうじゃ)」と表しました。
「風邪」の漢字が日本に入った当初は、「風邪」を「ふうじゃ」と音読していましたが、やがて和語の「かぜ」に「風邪」を当て、病気と空気の流れを区別するようになりました。
風邪は体に悪い影響を及ぼす邪悪な風を吸い込むことからなると考えられていた病気。つまり、風邪は体に邪悪な風を引き込むことです。
そのため、「風邪になる」や「風邪にかかる」とはいわず、「風邪をひく」というようになったのです。

今見られている記事 ランダム
  1. 下駄の語源・由来

  2. 飛島村の語源・由来

  3. ヒトデの語源・由来

  4. けりをつけるの語源・由来

  5. 蕁麻疹の語源・由来

  6. 髪の意味・類語・言い換え

  7. 「草」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 塞翁が馬の語源・由来

  9. よこしまの語源・由来

  10. 座敷の意味・類語・言い換え

  1. 暗中模索の意味・類語・言い換え

  2. パイソンの語源・由来

  3. 箱根町の意味・シンボル

  4. 茶話会の意味・類語・言い換え

  5. 一富士二鷹三茄子の意味・類語・言い換え

  6. 贅沢の語源・由来

  7. 天網恢恢疎にして漏らさずの意味

  8. 拙いの語源・由来

  9. 「女」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 長岡市の意味・シンボル

人気記事

  1. 推敲の語源・由来

  2. レタスの栄養基礎知識

  3. 道路の語源・由来

  4. 土に灸の語源・由来

  5. カザグルマの語源・由来

  6. 牡蠣の栄養基礎知識

  7. 「代議士」と「国会議員」の違い

TOP