サバを読むの語源・由来

サバを読むは、数字をごまかす意味として江戸時代から使われている語。
その語源は、サバは傷みやすい魚で、数も多かったため早口で数えられ、実際の数と合わないことから、いい加減に数を数えることを「サバを読む」と言うようになり、数や歳をごまかす意味に転じたとする説が定説となっている。
その他、サバを読むの語源には、小魚を早口で数えることをいう「魚市読み(いさばよみ)」から転じたとする説。
魚のサバの語源には、数の多いことを意味する「さは」から転じたとする説があることから、「サバを読む」も同源とする説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 段ボールの語源・由来

  2. 猫も杓子もの語源・由来

  3. 恵方の意味・類語・言い換え

  4. 相模原市の意味・シンボル

  5. 鯛の語源・由来

  6. そばかすの語源・由来

  7. 秋の意味・類語・言い換え

  8. 日の丸の意味・類語・言い換え

  9. きゅうりの栄養基礎知識

  10. 啖呵を切るの語源・由来

  1. 腹いせの意味・類語・言い換え

  2. 風待月の意味・異名・類語

  3. 塞翁が馬の語源・由来

  4. 暦の語源・由来

  5. 半田市の意味・シンボル

  6. 差し金の語源・由来

  7. 身から出た錆の語源・由来

  8. 渡りに船の語源・由来

  9. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  10. ヤクザの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 煎茶の栄養基礎知識

  2. 部屋の語源・由来

  3. ダイナマイトの語源・由来

  4. 天竺牡丹の語源・由来

  5. ハブの語源・由来

  6. 銀行の語源・由来

  7. せがれの語源・由来

TOP