藪から棒の語源・由来

藪から棒は、「藪から棒を突き出す」の略。
草木が群がる藪は中が見えず、何がいるか分からない。
その藪から棒を突き出されると、非常に驚くため、意表をついた行動をすることのたとえとして、「藪から棒」と言うようになった。
江戸中期の浄瑠璃『鑓の権三重帷子』に、「藪から棒と申さうか 寝耳に水と申さうか」の例が見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 海老鯛の意味・類語・言い換え

  2. あさりの語源・由来

  3. 半田市の語源・由来

  4. プロセスチーズの語源・由来

  5. 「飲む」と「呑む」の違い

  6. 菜(さい)の意味・類語・言い換え

  7. ヤンキーの意味・類語・言い換え

  8. かったるいの語源・由来

  9. スルメイカの語源・由来

  10. 以降の意味・類語・言い換え

  1. 捺印の意味・類語・言い換え

  2. 「効く」と「利く」の違い

  3. 美人局の語源・由来

  4. へそ曲がりの意味・類語・言い換え

  5. さやいんげんの栄養基礎知識

  6. 納豆の栄養基礎知識

  7. 垢の語源・由来

  8. どんちゃん騒ぎの語源・由来

  9. 晩夏の意味・類語・言い換え

  10. 退社の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. うどの栄養基礎知識

  2. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」の違い

  3. 妾の語源・由来

  4. うさぎ小屋の語源・由来

  5. 「難しい」「困難」「至難」の違い

  6. 用心棒の語源・由来

  7. たんこぶの語源・由来

TOP