煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

人間の煩悩の数が108個という由来

仏教では、人間の感じる器官として、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根あるとされていて、まず6通りの煩悩があります。
眼・耳・鼻・舌は、見る・聞く・嗅ぐ・味わうことで、身は触れることを感知する器官、意は仏法を理解する器官を意味します。
この器官には、好・悪・平の3種類あるため、煩悩の数は6×3で18通り。
18の煩悩には、浄(きれい)と染(きたない)の2種類あるため、18×2で36通り。
36の煩悩は、前世・現世・来世の三世にわたって人を悩ませることから、煩悩の数は36×3で108個になるというわけです。
この六根説が最も有名ですが、これ以外にも、古代インドでは「108」という数を「とても多い」という意味で使っていたため、そこから煩悩の数が108になったという説など、多くの説があります。

除夜の鐘の108回と煩悩の数108個との関係

除夜の鐘は、寺によってつく回数は様々ですが、多くの寺で108回つかれます。
108回つくお寺では、107回を大晦日(12月31日)につき、残りの1回を元日(1月1日)につくところが多いです。
除夜の鐘が108回になった理由は、一般的には人間の持つ108個の煩悩を取り除くためといわれています。
また、月の数の12、二十四節気の24、七十二候の72を足した数が108なので、108回は1年間を表すという説もあります。

四苦八苦との関係

煩悩の数の108や、除夜の鐘の数の108は、「四苦八苦」に関係しているといわれることがあります。
これは、四苦が4×9で36、八苦が8×9で72になり、36+72で108になることからです。
しかし、四苦八苦を「4×9」と「8×9」に分けるのは、ただの言葉遊びです。
そこから計算して出された108という数が、煩悩の数や除夜の鐘の回数と関係していることはありません。

今見られている記事 ランダム
  1. ぬたの意味・別名・類語

  2. タンポポの語源・由来

  3. のこぎりの語源・由来

  4. 大切の語源・由来

  5. パーティーの意味・類語・言い換え

  6. 江戸川区の意味・シンボル

  7. 書き入れ時の意味・類語・言い換え

  8. 感慨に浸るの意味・類語・言い換え

  9. 梨の意味・別名・類語

  10. ユートピアの意味・類語・言い換え

  1. だんごの語源・由来

  2. 毛の語源・由来

  3. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  4. 麒麟児の意味・類語・言い換え

  5. 「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」の違い

  6. 花の語源・由来

  7. どてらの語源・由来

  8. 番茶の栄養基礎知識

  9. はしゃぐの語源・由来

  10. コンビニの語源・由来

人気記事

  1. 浜松市の語源・由来

  2. 「勧める」「奨める」「薦める」の違い

  3. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」の違い

  4. ブルーチーズの栄養基礎知識

  5. アオダイショウの語源・由来

  6. 「戦争」「紛争」「内戦」の違い

  7. 「氾濫」と「決壊」の違い

TOP