愛嬌の語源・由来

愛嬌は本来「愛敬(あいぎょう・あいぎゃう)」で、慈しみ敬う意味の仏教用語であった。
室町時代頃から、清音の「あいきょう」が用いられるようになり、中世後期頃には清音が多く用いられるようになった。
この頃から「敬」の意味も薄れはじめ、「可愛らしさ」「艶かしさ」などの意味を持つようになり、「嬌」の字が当てられ「愛嬌」となった。
愛嬌は「可愛らしさ」の意味から多くの派生を生み、「人に好かれる振る舞い」の意味。
さらに余興などのちょっとしたサービスをいう「ご愛嬌」や、商店などのオマケの意味にも用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 推敲の意味・類語・言い換え

  2. ズボンの意味・類語・言い換え

  3. あなごの語源・由来

  4. 製作の意味・類語・言い換え

  5. へそ曲がりの意味・類語・言い換え

  6. 食料と食糧の違い・使い分け

  7. セメントの意味・類語・言い換え

  8. 窺うの意味・類語・言い換え

  9. 豕の意味・別名・類語

  10. 能動的の意味・類語・言い換え

  1. 鉄火巻きの語源・由来

  2. アーモンドの栄養基礎知識

  3. 埴輪の意味

  4. まなこの意味・類語・言い換え

  5. 男前の語源・由来

  6. 大雑把の語源・由来

  7. 七草粥の意味・別名・類語

  8. 胼胝の意味

  9. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  10. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

人気記事

  1. 異常と異状の違い・使い分け

  2. 同居と同棲と内縁の違い

  3. 病院と医院とクリニックと診療所の違い

  4. 陶器と磁器の違い・見分け方

  5. 時期と時季と時機の違い・使い分け

  6. ツナとシーチキンの違い

  7. 整理と整頓の違い

TOP