除夜の鐘の語源・由来

除夜の鐘の「除夜」は、大晦日の夜のこと。
大晦日は一年の最後の日で、古い年を除き去り、新年を迎える日という意味から「除日(じょじつ)」といい、その夜なので「除夜」や「除夕」という。

除夜の鐘で鐘が撞かれる回数は、人間の煩悩の数が108あることから、それを取り除くために108回である。
月の数が12、二十四節気の数が24、七十二候の数が72なので、全てを足すと108になり、除夜の鐘の回数は一年を表しているといった説。
「4×9(四苦)」と「8×9(八苦)」を足すと108になることから、四苦八苦を取り除くという意味といった説もあるが、これらは後世に考えられた俗説である。

除夜の鐘は大晦日に108回撞くと思われがちだが、通常、大晦日の晩に撞かれるのは107回で、残りの1回はその年の煩悩にわずらわされないようにという意味を込め、新年になってから撞かれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. フロックの意味・類語・言い換え

  2. 香水の意味・類語・言い換え

  3. 首相と内閣総理大臣と総裁の違い

  4. ひげの語源・由来

  5. ブロッコリーの意味・別名・類語

  6. 大富豪の意味・類語・言い換え

  7. けちをつけるの語源・由来

  8. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  9. しめ縄の語源・由来

  10. 正月の意味・異名・類語

  1. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

  2. 相撲の意味・類語・言い換え

  3. いかずちの意味

  4. 薬局と薬店とドラッグストアの違い

  5. トナカイの語源・由来

  6. 酒の肴の意味・類語・言い換え

  7. サバを読むの語源・由来

  8. かみなりの語源・由来

  9. 推敲の語源・由来

  10. プラズマテレビの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 節約と倹約の違い

  2. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  3. 尊いと貴いの違い・使い分け

  4. 燃やすと焼くと焚くの違い

  5. 早いと速いの違い

  6. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  7. 復讐と報復と仕返しの違い・使い分け

TOP