除夜の鐘の語源・由来

除夜の鐘の「除夜」は、大晦日の夜のこと。
大晦日は一年の最後の日で、古い年を除き去り、新年を迎える日という意味から「除日(じょじつ)」といい、その夜なので「除夜」や「除夕」という。

除夜の鐘で鐘が撞かれる回数は、人間の煩悩の数が108あることから、それを取り除くために108回である。
月の数が12、二十四節気の数が24、七十二候の数が72なので、全てを足すと108になり、除夜の鐘の回数は一年を表しているといった説。
「4×9(四苦)」と「8×9(八苦)」を足すと108になることから、四苦八苦を取り除くという意味といった説もあるが、これらは後世に考えられた俗説である。

除夜の鐘は大晦日に108回撞くと思われがちだが、通常、大晦日の晩に撞かれるのは107回で、残りの1回はその年の煩悩にわずらわされないようにという意味を込め、新年になってから撞かれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. もんぺの語源・由来

  2. 失禁の語源・由来

  3. 土用丑の日の意味・類語・言い換え

  4. 港湾の意味・類語・言い換え

  5. 高松市の語源・由来

  6. 泡を食うの語源・由来

  7. フォーチュンの意味・類語・言い換え

  8. こんにちはの語源・由来

  9. カラットの語源・由来

  10. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」の違い

  1. 「調理」と「料理」の違い

  2. 「卵」と「玉子」の違い

  3. めはり寿司の語源・由来

  4. 四面楚歌の意味・類語・言い換え

  5. アマダイの語源・由来

  6. シャリの意味・別名・類語

  7. 世間の語源・由来

  8. カラスボーイの意味・類語・言い換え

  9. セージの種類

  10. オカリナの語源・由来

人気記事

  1. オリーブの語源・由来

  2. 玉の輿に乗るの語源・由来

  3. 木偶の坊の語源・由来

  4. でんぶの語源・由来

  5. 袖にするの語源・由来

  6. ジンクスの語源・由来

  7. 総領の甚六の語源・由来

TOP