茶碗の語源・由来

茶碗は、奈良時代から平安時代にかけ、茶を喫するための器として、茶と共に伝来したという。
当初、貴重な茶を楽しむための良質な器を「茶碗」と言ったが、鎌倉時代、喫茶の風習が広まるにつれ、碗形の陶磁器の総称となった。
「茶碗」が陶磁器の総称となったため、ご飯を盛る器を「飯茶碗」、お茶を飲むための器を「煎茶碗」などと呼ぶようになった。
やがて、使用頻度の高さから、主にご飯を盛る器を指して「茶碗」、お茶を飲む器を「湯呑み茶碗」や「湯呑み」などと言うようになり、本来の「茶碗」の意味が薄れていった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 岩手県の意味・シンボル

  2. 薩摩守の意味・類語・言い換え

  3. 腹いせの意味・類語・言い換え

  4. 雲泥の差の語源・由来

  5. 「鏡開き」「鏡割り」「鏡抜き」の違い

  6. きしめんの語源・由来

  7. 昆布の語源・由来

  8. 爪弾きの語源・由来

  9. こましゃくれるの語源・由来

  10. レンゲの語源・由来

  1. あなごの語源・由来

  2. アドベンチャーの意味・類語・言い換え

  3. ボーナスの語源・由来

  4. 焼きが回るの語源・由来

  5. スルメイカの語源・由来

  6. 萩市の語源・由来

  7. 僥倖の意味・類語・言い換え

  8. 盛運の意味・類語・言い換え

  9. シーズンの語源・由来

  10. 「日本酒」と「焼酎」の違い

人気記事

  1. ほうじ茶の栄養基礎知識

  2. からすみの語源・由来

  3. 明石市の語源・由来

  4. 土左衛門の語源・由来

  5. 未(未年)の語源・由来

  6. ハスの語源・由来

  7. 今際の際の語源・由来

TOP