茶碗の語源・由来

茶碗は、奈良時代から平安時代にかけ、茶を喫するための器として、茶と共に伝来したという。
当初、貴重な茶を楽しむための良質な器を「茶碗」と言ったが、鎌倉時代、喫茶の風習が広まるにつれ、碗形の陶磁器の総称となった。
「茶碗」が陶磁器の総称となったため、ご飯を盛る器を「飯茶碗」、お茶を飲むための器を「煎茶碗」などと呼ぶようになった。
やがて、使用頻度の高さから、主にご飯を盛る器を指して「茶碗」、お茶を飲む器を「湯呑み茶碗」や「湯呑み」などと言うようになり、本来の「茶碗」の意味が薄れていった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. すき焼きの語源・由来

  2. ホワイトデーの語源・由来

  3. こんばんはの語源・由来

  4. ちまきの語源・由来

  5. 乱れるの語源・由来

  6. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  7. 悲喜こもごもの語源・由来

  8. 仮名の語源・由来

  9. サウスポーの語源・由来

  10. 机の語源・由来

  1. 瓜田に履を納れずの意味・類語・言い換え

  2. 六日の菖蒲の語源・由来

  3. 祝日と祭日と祝祭日の違い

  4. サイクロンの語源・由来

  5. 高嶺の意味・類語・言い換え

  6. 事典の意味・類語・言い換え

  7. 関東と関東地方と首都圏と東京圏の違い

  8. おまじないの語源・由来

  9. 企てるの意味・類語・言い換え

  10. 不可逆の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  2. 傘と笠の違い・使い分け

  3. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  4. ツナとシーチキンの違い

  5. 目とまなこと瞳の違い・使い分け

  6. 二期作と二毛作の違い

  7. 仕事と職業と職の違い・使い分け

TOP