ムラサキシキブの語源・由来

ムラサキシキブは紫色の果実が玉のように群がることから、古くは「タマムラサキ(玉紫)」と呼ばれた。
これを京都では、紫色の果実が重なりあっていることから、「ムラサキシキミ(紫重実)」と呼んだ。
「ムラサキシキミ」の名が、平安時代の作家「紫式部」を連想させることから、この植物は「ムラサキシキブ」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

TOP