須くの語源・由来

須くは、動詞「す(為)」に助動詞「べし」が付いた「すべし」が、ク語法で「すべからく」となった語。
ク語法は、活用語の語尾に「く」「らく」が付いて名詞化する語法であるため、本来は「すべきであること」という名詞句になるが、副詞的に用いられて「当然」「是非とも」の意味になった。
元々は、「須・応」を「すべからく◯◯べし」と再読した漢文訓読に由来する。
近年、「すべて」の意味で使用する例が多く見られるが、「須く」に「すべて」の意味は含まれておらず誤用である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. うどんの語源・由来

  2. ゆで卵の栄養基礎知識

  3. レタスの栄養基礎知識

  4. 駆け落ちの語源・由来

  5. やさしいの語源・由来

  6. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

  7. おけらになるの語源・由来

  8. しらばくれる(しらばっくれる)の語源・由来

  9. 献立の語源・由来

  10. 炭(墨)の語源・由来

  1. 子年の意味・類語・言い換え

  2. 尊いと貴いの違い・使い分け

  3. マナーとエチケットの違い

  4. アスパラガスの栄養基礎知識

  5. 噂の意味・類語・言い換え

  6. ふみの語源・由来

  7. 押印の意味・類語・言い換え

  8. 日めくりの意味・別名・類語

  9. 丁稚の語源・由来

  10. お駄賃の語源・由来

人気記事

  1. パンケーキとホットケーキの違い

  2. セロハンテープとセロテープの違い

  3. 傘と笠の違い・使い分け

  4. タイツとストッキングの違い

  5. 電子レンジの仕組み・原理

  6. ラーメンと中華そばと支那そばの違い

  7. 難しいと困難と至難の違い

TOP