死んだ子の年を数えるの語源・由来

死んだ子がもし生きていれば、今頃は何歳になるはずだと年齢を数えることから、言ってもどうしようもない過去のことを悔やむたとえとして、「死んだ子の年を数える」と言うようになった。
このことわざは、江戸時代から見られる。

出典:語源由来辞典

TOP