二番煎じの語源・由来

煎じとは、お茶や薬を煮詰めて成分を取り出すこと。
二番煎じは、一度煎じたものを再び煎じることや、その煎じたもののことで、一度目に煎じたものよりも、二度目に煎じたものは成分が弱く、味が薄い。
そこから二番煎じは、前にあったことを繰り返しただけで、新味のないもののたとえとなった。
ただの模倣でつまらないことを表す言葉なので、新鮮さがあったり、一番目のものより価値が高い場合に「二番煎じ」を用いるのは間違いである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. キャンプの語源・由来

  2. ゴリ押しの意味・類語・言い換え

  3. ハロウィンの意味・別名・類語

  4. 阿婆擦れの意味・類語・言い換え

  5. 一粒万倍の語源・由来

  6. キリンの種類

  7. でまかせの語源・由来

  8. 二の句が継げないの語源・由来

  9. 「カヌー」と「カヤック」の違い

  10. 「白」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. ハスカップの栄養基礎知識

  2. ダイヤモンドの語源・由来

  3. こじつけの語源・由来

  4. シシャモの語源・由来

  5. 春一番の語源・由来

  6. 将棋の語源・由来

  7. 「無料」と「無償」の違い

  8. サボテンの語源・由来

  9. 川柳の意味・類語・言い換え

  10. 富山県の語源・由来

人気記事

  1. ワイシャツの語源・由来

  2. 「謝罪」「陳謝」「深謝」の違い

  3. うたた寝の語源・由来

  4. 牛乳の栄養基礎知識

  5. バラの語源・由来

  6. 雪隠の語源・由来

  7. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」の違い

TOP