二番煎じの語源・由来

煎じとは、お茶や薬を煮詰めて成分を取り出すこと。
二番煎じは、一度煎じたものを再び煎じることや、その煎じたもののことで、一度目に煎じたものよりも、二度目に煎じたものは成分が弱く、味が薄い。
そこから二番煎じは、前にあったことを繰り返しただけで、新味のないもののたとえとなった。
ただの模倣でつまらないことを表す言葉なので、新鮮さがあったり、一番目のものより価値が高い場合に「二番煎じ」を用いるのは間違いである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鳥の語源・由来

  2. 秋田県の意味・シンボル

  3. 秋田県の語源・由来

  4. 不甲斐ないの意味・類語・言い換え

  5. がむしゃらの意味・類語・言い換え

  6. アマゴの語源・由来

  7. 書き入れ時の意味・類語・言い換え

  8. ひまわりの意味・別名・類語

  9. 月とすっぽんの語源・由来

  10. 狼狽の意味・類語・言い換え

  1. 渇愛の意味

  2. ひとりぼっちの意味・類語・言い換え

  3. 引き出物の語源・由来

  4. レタスの語源・由来

  5. 今のところの意味・類語・言い換え

  6. 話の語源・由来

  7. 打ち合わせの意味・類語・言い換え

  8. グラジオラスの語源・由来

  9. 勿怪の幸いの意味・類語・言い換え

  10. 当季の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 越えると超えるの違い・使い分け

  2. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  3. 湯布院と由布院の違い

  4. 戦略と戦術の違い

  5. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  6. 対象と対照と対称の違い・使い分け

  7. おざなりとなおざりの違い・使い分け

TOP