獣の語源・由来

けものは「毛物」の意味。
けだものは「毛の物」の意味で、「だ」が「の」を示す助詞になっている語には「くだもの(果物)」があり、「水無月」や「神無月」の「な(無)」にも通じる。
現代では他人を卑しめて呼ぶ語として「けだもの」が用いられる以外、「けもの」と「けだもの」は違いなく使われているが、古くは区別していることもあった。
「獣道」は「けものみち」であって「けだものみち」とは言わないように、「けもの」は「毛物」のうち野生を指す言葉として使われ、漢字には「獣」が当てられていた。
一方、「けだもの」は「毛物」のうち家畜を指す言葉として使われ、漢字には「畜」の字が当てられていた。
そのため、「けだもの」と呼ばれていた動物は少なく、牛・馬・羊・犬・豚・鶏の6種だけであった。
鶏は鳥類なので四足で歩く哺乳類には該当しないが、家畜であり歩く動物であることから、「けだもの」に含まれていたのである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 八千代市の意味・シンボル

  2. 千鳥の語源・由来

  3. 米寿の意味・類語・言い換え

  4. 「追求」「追及」「追究」の違い

  5. 菊芋の栄養基礎知識

  6. ハムスターの語源・由来

  7. 芋を洗うようの語源・由来

  8. 水戸市の意味・シンボル

  9. 「特徴」と「特長」の違い

  10. お払い箱の語源・由来

  1. やにわにの語源・由来

  2. 髪の意味・類語・言い換え

  3. 頑張るの語源・由来

  4. アジトの語源・由来

  5. 血で血を洗うの意味・類語・言い換え

  6. 「始末書」と「顛末書」の違い

  7. 豚の意味・別名・類語

  8. 「フクロウ」と「ミミズク」の違い

  9. ハロゲンの語源・由来

  10. 愛知県の語源・由来

人気記事

  1. コンビーフの語源・由来

  2. 「検討」と「見当」の違い

  3. リンドウの語源・由来

  4. ガチョウの語源・由来

  5. 赤の語源・由来

  6. とんでもないの語源・由来

  7. 「邦人」と「日本人」の違い

TOP