箍が緩むの語源・由来

箍が緩むの「箍(たが)」とは、竹などを裂いて編んだ輪のことで、桶や樽などの周囲にはめ、堅く締めかためるために用いられる。
この箍が緩むと胴がバラバラに分解されてしまうことにたとえ、感覚が鈍ったり、気持ちや規律が緩むことを「箍が緩む」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「知恵」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. やけくその意味・類語・言い換え

  3. 「土」「泥」「泥土」の違い

  4. 浅ましいの語源・由来

  5. 目黒区の意味・シンボル

  6. ギプスの語源・由来

  7. 自任の意味・類語・言い換え

  8. 朝三暮四の語源・由来

  9. 押忍の語源・由来

  10. 目抜き通りの語源・由来

  1. ぬか喜びの意味・類語・言い換え

  2. 智頭町の語源・由来

  3. 新宿区の意味・シンボル

  4. 親分の意味・類語・言い換え

  5. 宇宙の意味・類語・言い換え

  6. 半畳を入れるの語源・由来

  7. ドローンの語源・由来

  8. 横車を押すの語源・由来

  9. そうめんの意味・別名・類語

  10. 花の語源・由来

人気記事

  1. 真田紐の語源・由来

  2. あらましの語源・由来

  3. おっぱいの語源・由来

  4. 食べるの語源・由来

  5. 酒池肉林の語源・由来

  6. けがの語源・由来

  7. はした金の語源・由来

TOP