カツオノエボシの語源・由来

カツオノエボシの「エボシ」は、気胞体(浮き袋)が烏帽子に似た形をしていることから。
このクラゲは、漁師が初ガツオを釣りに出始める頃に多く見られるようになるため、カツオとともに現れる烏帽子の形をしたクラゲの意味で、「カツオのエボシ」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

TOP