申(申年)の語源・由来

漢字の「申」は、稲妻を描いたもので、「電」の原字である。
それが、「臼(両手)」と「|印(まっすぐ)」の形となり、手でまっすぐ伸ばすことで、「伸(のばす)」の原字となった。
『漢書 律暦志』では「申堅」とし、草木が伸びきり、果実が成熟して堅くなっていく状態を表すと解釈している。
この「申」を「サル」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 五里霧中の意味・類語・言い換え

  2. ムカデの語源・由来

  3. 文披月の意味・異名・類語

  4. おいちょかぶの語源・由来

  5. 馬の語源・由来

  6. 盛岡市の語源・由来

  7. ちゅうちゅうたこかいなの語源・由来

  8. ゆで卵の栄養基礎知識

  9. セゾンの意味・類語・言い換え

  10. セカンドバッグの語源・由来

  1. とんずらの語源・由来

  2. ロンパリの意味・類語・言い換え

  3. 「裸足」「素足」「生足」の違い

  4. 凄いの意味・類語・言い換え

  5. 齟齬の語源・由来

  6. さいたま市の意味・シンボル

  7. 魔除けの矢の意味・別名・類語

  8. 茨城県の市町村名一覧

  9. ロードの語源・由来

  10. ふてぶてしいの語源・由来

人気記事

  1. キセルの語源・由来

  2. ハンバーグの語源・由来

  3. 口実の語源・由来

  4. 広島市の語源・由来

  5. ぜんまいの語源・由来

  6. 天真爛漫の語源・由来

  7. かたいの語源・由来

TOP