「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。

一時雨は、ある時間のみ連続して降る雨を表す。
連続的に降る雨の時間が、予報対象となる期間の4分の1未満の場合に「一時雨」が用いられる。

時々雨は、降ったり止んだりする雨を表す。
断続的に降る雨の時間の合計が、予報対象となる期間の2分の1未満の場合に「時々雨」が用いられる。

のち雨は、予報期間の後半に雨が降ること。
所により雨は、予報地域の半分より狭い範囲のどこかで雨が降ることを表す。

雨の降る時間を比較した場合、「一時雨」より「時々雨」の方が長い時間降る可能性は高くなるが、一時的に大量の雨が降ることもあれば、少量の雨が断続的に降ることもあり、「一時雨」と「時々雨」との降水量の比較はできない。

また、雨に限らず、晴れ・曇り・雪の場合でも、連続的に4分の1未満であれば「一時」、断続的に2分の1未満であれば「時々」、後半であれば「のち」、地域の半分より狭い範囲のどこかであれば「所により」が用いられる。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. グルメの語源・由来

  2. 次郎柿の語源・由来

  3. みぞおちの語源・由来

  4. 投棄の意味・類語・言い換え

  5. カンニングの語源・由来

  6. ゴリラの語源・由来

  7. 図星の語源・由来

  8. クジラの種類

  9. 憲法の意味・類語・言い換え

  10. ルーキーの語源・由来

  1. 犬の語源・由来

  2. 棟梁の語源・由来

  3. アニスの意味・別名・類語

  4. ケールの栄養基礎知識

  5. 反面教師の語源・由来

  6. 「狼」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. ディルの語源・由来

  8. 旅の語源・由来

  9. シンセサイザーの語源・由来

  10. 刺青の意味・別名・類語

人気記事

  1. ねぶたの語源・由来

  2. 真っ赤な嘘の語源・由来

  3. キリンの語源・由来

  4. 無駄の語源・由来

  5. 狛犬の語源・由来

  6. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」の違い

  7. 「生誕」と「誕生」の違い

TOP