青魚の栄養基礎知識

青魚の特徴、栄養・効能、上手な食べ方、缶詰の栄養価など、知っておきたい青魚の基礎知識。

青魚の特徴

青魚とは、サバ、イワシ、サンマなど、背の部分が青く見える魚の総称で、「青背の魚」や「青物」ともいいます。
この呼称は生物学的な分類ではなく、見た目の特徴で分けられたものです。
青魚のうち、比較的価格が安い大衆魚は「青魚」と呼ばれますが、マグロやブリのような大型魚や高級魚は「青魚」と呼ばれず、身の色で分類した「赤身魚」と呼ばれることの方が多いです。
その反対もいえ、イワシやサンマも身の色で分類すると「赤身魚」ですが、「青魚」と呼ぶことの方が多いです。

青魚の栄養・効能

青魚に含まれる脂質は、不飽和脂肪酸の中でもオメガ3(n-3系)といわれるグループに属する、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれているため、血中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減少させたり、脳を活性化させる働きがあります。
これらの健康成分のほかに、アミノ酸バランスがよい良質なタンパク質も多く含んでいます。

青魚の上手な食べ方

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、酸化しやすいという欠点があります。
酸化した油は、体に悪影響を及ぼし病気の原因にもなるので、なるべく新鮮なうちに食べましょう。
また、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類は抗酸化作用があるので、これらを含む食品と一緒にとるのも良いです。

青魚の缶詰の栄養価

いわし缶やサバ缶などの青魚の缶詰は、安く売られている加工品なので、生に比べて栄養価が落ちると思われがちですが、新鮮な魚を熱処理してあるので、栄養価は落ちません。むしろ、骨・皮・血合も入っているので無駄なく栄養がとれ、カルシウムは生よりも多く含まれています。
缶詰であれば酸化の恐れもないので、おすすめです。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「尊い/貴い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. カリスマの語源・由来

  3. ひげの語源・由来

  4. 嘘も方便の語源・由来

  5. キウイフルーツの栄養基礎知識

  6. 「褒める」と「誉める」の違い

  7. のっぴきならないの語源・由来

  8. 斟酌の意味・類語・言い換え

  9. 虎の巻の意味・類語・言い換え

  10. 白の語源・由来

  1. あっかんべーの語源・由来

  2. クロワッサンの種類

  3. 鬼籍簿の意味・類語・言い換え

  4. へそくりの語源・由来

  5. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  6. 帰国子女の語源・由来

  7. 路地の語源・由来

  8. ヒヤシンスの語源・由来

  9. 「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

  10. 日読みの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. サンマの語源・由来

  2. 摂氏の語源・由来

  3. 水を向けるの語源・由来

  4. あざなの語源・由来

  5. カラスの語源・由来

  6. 頑張るの語源・由来

  7. 赴くの語源・由来

TOP