青魚の栄養基礎知識

青魚の特徴、栄養・効能、上手な食べ方、缶詰の栄養価など、知っておきたい青魚の基礎知識。

青魚の特徴

青魚とは、サバ、イワシ、サンマなど、背の部分が青く見える魚の総称で、「青背の魚」や「青物」ともいいます。
この呼称は生物学的な分類ではなく、見た目の特徴で分けられたものです。
青魚のうち、比較的価格が安い大衆魚は「青魚」と呼ばれますが、マグロやブリのような大型魚や高級魚は「青魚」と呼ばれず、身の色で分類した「赤身魚」と呼ばれることの方が多いです。
その反対もいえ、イワシやサンマも身の色で分類すると「赤身魚」ですが、「青魚」と呼ぶことの方が多いです。

青魚の栄養・効能

青魚に含まれる脂質は、不飽和脂肪酸の中でもオメガ3(n-3系)といわれるグループに属する、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれているため、血中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減少させたり、脳を活性化させる働きがあります。
これらの健康成分のほかに、アミノ酸バランスがよい良質なタンパク質も多く含んでいます。

青魚の上手な食べ方

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、酸化しやすいという欠点があります。
酸化した油は、体に悪影響を及ぼし病気の原因にもなるので、なるべく新鮮なうちに食べましょう。
また、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類は抗酸化作用があるので、これらを含む食品と一緒にとるのも良いです。

青魚の缶詰の栄養価

いわし缶やサバ缶などの青魚の缶詰は、安く売られている加工品なので、生に比べて栄養価が落ちると思われがちですが、新鮮な魚を熱処理してあるので、栄養価は落ちません。むしろ、骨・皮・血合も入っているので無駄なく栄養がとれ、カルシウムは生よりも多く含まれています。
缶詰であれば酸化の恐れもないので、おすすめです。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 刺身とお造りとあらいとたたきの違い

  2. 相撲取りの意味・類語・言い換え

  3. こんばんはの語源・由来

  4. おこがましいの意味・類語・言い換え

  5. 弱冠の意味・類語・言い換え

  6. 平凡の意味・類語・言い換え

  7. ニラの栄養基礎知識

  8. 法令遵守の意味・類語・言い換え

  9. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  10. 頭角を現すの語源・由来

  1. 初夢は何日の夜に見た夢のことか

  2. 眠るの意味

  3. 噴飯ものの意味・類語・言い換え

  4. 素晴らしいの語源・由来

  5. 緑色なのに黒板という理由

  6. 盤寿の語源・由来

  7. 音楽の語源・由来

  8. 香水とオーデコロンとオードトワレとオードパルファムとパルファムの違い

  9. 白寿の意味・類語・言い換え

  10. キャビアの栄養基礎知識

人気記事

  1. ラーメンと中華そばと支那そばの違い

  2. 寄付金と義援金と支援金の違い

  3. 離すと放すの違い・使い分け

  4. タクシーとハイヤーの違い

  5. 目と眼の違い・使い分け

  6. 元日と元旦と正月の違い

  7. 会話と談話と対話の違い

TOP