「赤身魚」「白身魚」「青魚」の違い

赤身魚は、身(肉)の色が赤い魚のことで、味が濃く、肉質は硬めで、鉄分を多く含む。
白身魚は、身の色が白い魚のことで、淡白な味で、ほぐれやすく、低カロリーで消化にも良い。

赤身魚の身が赤い理由は、筋肉色素タンパク質の「ミオグロビン」や、血液色素タンパク質の「ヘモグロビン」といった赤い色素が多く含まれるためである。
水産学では、このヘモグロビンとミオグロビンの含有量によって、赤身魚と白身魚を分類し、100gあたり10mg以上のものを「赤身魚」、それ以下のものを「白身魚」と呼んでいる。

赤身魚の代表的な魚は、カツオ・マグロ・ブリ・アジ・イワシ・サンマ・サバなどで、大量の酸素を必要とする持久力の高い回遊魚に多い。
これは、ヘモグロビンに酸素を運搬する役割、ミオグロビンに酸素を供給する役割があるためである。

一方の白身魚は、タイ・タラ・ヒラメ・カレイ・フグ・アナゴといった、大量の酸素は必要としないが、瞬発力を必要とする沿岸魚や深海魚に多い。

サケは身の色が赤く回遊魚であるため、赤身魚と思われがちだが、白身魚である。
サケの身が赤く見えるのは、カニやエビなどの殻が赤い理由と同じで、カロチノイド系の赤い色素「アスタキサンチン」を含む「オキアミ」を餌としているためである。

青魚は、赤身魚や白身魚のように身の色ではなく、背の色によって分類したもので、青魚に対するのは「赤魚」である。
代表的な青魚は、アジ・イワシ・サバ・サンマ・ニシンなど。
青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれるため、血中の悪玉コレステロールを減少させる効果があるといわれる。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. イカサマの意味・類語・言い換え

  2. 竹馬の友の語源・由来

  3. ロハの意味・類語・言い換え

  4. 「居眠り」と「うたた寝」の違い

  5. イサキの意味・別名・類語

  6. 正月の意味・異名・類語

  7. 学ランの意味・類語・言い換え

  8. ポテトの語源・由来

  9. フォーチュンの意味・類語・言い換え

  10. サワラの語源・由来

  1. 洋風炒り卵の意味・類語・言い換え

  2. 福山市の意味・シンボル

  3. フェンネルの語源・由来

  4. ヤリイカの意味・別名・類語

  5. ねぶた(ねぷた)の意味・類語・言い換え

  6. 冷たいの意味・類語・言い換え

  7. カランの語源・由来

  8. 破天荒の語源・由来

  9. 野田市の意味・シンボル

  10. 糟糠の妻の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 沢山の語源・由来

  2. ふんぞり返るの語源・由来

  3. 已己巳己の語源・由来

  4. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」の違い

  5. 「竹」と「笹」の違い

  6. 土左衛門の語源・由来

  7. ちまきの語源・由来

TOP