森と杜の違い・使い分け


「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が生い茂った”場所”を表すようになった。

「杜」は「杜の鎮守」というように、神社のある地の木立ちの意味で使い、神秘的な雰囲気のある森を表すこともある。
「杜」の字は、本来、「ヤマナシ」という植物や、その果実を指す言葉であった。
「(門などを)閉ざす・閉じる」という意味もあったが、「もり」という意味はない。
「杜」が「もり」と読まれるようになったのは、植物を表す漢字であることと、「社(やしろ)」と漢字が似ていることから、神社の周りに広がる樹木が沢山生えている場所を「杜(もり)」と表すようになり、現在のような意味で使われるようになったと考えられている。

仙台市は「杜の都・仙台」と呼ばれ、現在では「杜」の一字で仙台市をイメージする人も多くなっている。
しかし、1909年(明治42年)には「森の都」と記されており、初めて「杜の都」と記されたのは1916年(大正5年)のこと。
仙台市が正式に「杜の都」としたのは、1970年(昭和45年)のことである。

仙台市が「杜の都」とした理由は、山などに自然に生えている樹木や草花だけではなく、そのまちに暮らす人々が協力し合い、長い年月をかけて育ててきた豊かな緑のことを表すとしている。
つまり、仙台市の「杜の都」で表す「杜」は、神社の木立ちを表した「杜」ではなく、自然に生えている樹木の「森」と区別するための「杜」ということである。


今見られている記事 ランダム
  1. 凧の意味

  2. 配慮の意味・類語・言い換え

  3. イノシシの語源・由来

  4. 心配の意味・類語・言い換え

  5. 神父と牧師の違い

  6. 徳利とお銚子の違い

  7. 電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

  8. 求人の意味・類語・言い換え

  9. 次郎柿の語源・由来

  10. ソーセージの意味・別名・類語

  1. 対応と応対の違い

  2. 十分(充分)と存分の違い・使い分け

  3. 朝三暮四の意味・類語・言い換え

  4. 霹靂の意味

  5. 大地震と巨大地震と超巨大地震の違い・使い分け

  6. ルンペンの語源・由来

  7. 目から鱗が落ちるの意味・類語・言い換え

  8. 金字塔の意味・類語・言い換え

  9. 手探りの意味・類語・言い換え

  10. たけのこの成長はなぜ早いのか

人気記事

  1. 遵守と順守の違い・使い分け

  2. ビュッフェとバイキングの違い

  3. 代議士と国会議員の違い

  4. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

  5. 病院と医院とクリニックと診療所の違い

  6. 彗星と流星の違い

  7. かいわれ大根と大根の違い

TOP