「初夏」「立夏」「孟夏」の違い

陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏」、夏の終わりである6月を「晩夏」という。
陰暦の4月は、太陽暦(新暦)で5月6日頃から6月5日頃であるため、今の暦で初夏は5月初旬から6月初旬である。

立夏は、二十四節気の一。暦の上で夏の始まる日を表し、太陽暦で5月6日頃を指す。
二十四節気は1年を24に分け季節を表したもので、陰暦の異称よりも細かく、「夏」を表す言葉は「立夏」のほかに、5月21日頃の「小満」、6月6日頃の「芒種」、6月21日頃の「夏至」、7月7日頃の「小暑」、7月23日頃の「大暑」がある。

つまり、初夏は、立夏(5月6日頃)から、小満(5月21日頃)を経て、芒種の前日の6月5日頃までを指す。
また、立夏や小満は、その1日を表す言葉だが、期間としての意味でも使われるため、初夏は立夏と小満ともいえる。

孟夏の「孟」は「初め」の意味で、初夏と同じく、陰暦の4月の異称。
孟夏は、古風な言い方となるため、初夏に比べ使われることが少ない。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. テンパるの意味・類語・言い換え

  2. たたらを踏むの語源・由来

  3. 未(未年)の語源・由来

  4. ぬか喜びの語源・由来

  5. のっぴきならないの語源・由来

  6. 河童の屁の語源・由来

  7. サルスベリの語源・由来

  8. マニキュアの語源・由来

  9. 「違法」「不法」「非合法」「脱法」の違い

  10. グロテスクの語源・由来

  1. 「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

  2. ミヤギノハギの意味・別名・類語

  3. 神無月の語源・由来

  4. アユの栄養基礎知識

  5. 卓上カレンダーの意味・別名・類語

  6. 疑心暗鬼の意味・類語・言い換え

  7. クレヨンの意味・類語・言い換え

  8. 勉強の語源・由来

  9. 「修正」と「訂正」の違い

  10. ブートレグの語源・由来

人気記事

  1. つぶ貝の栄養基礎知識

  2. アフロヘアーの語源・由来

  3. 「午前12時」と「午後0時」の違い

  4. ぶりっ子の語源・由来

  5. リウマチの語源・由来

  6. 「年」と「歳」の違い

  7. 台風の「大型」「超大型」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の違い

TOP