緑茶と紅茶と烏龍茶の違い


緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する際の発酵度の違いで、緑茶、紅茶、烏龍茶に分かれ、味や香り、栄養成分に違いが出てくる。

緑茶は、摘んだ茶葉をすぐに蒸し、揉んで乾燥させたもので、火が入っていることから発酵せず、「不発酵茶」と呼ばれる。

紅茶は、茶葉の水分を取り除く「萎凋(いちょう)」という作業をすることで軽く発酵させ、それを揉み、発酵させ、乾燥させたもので、完全に発酵させることから、「発酵茶(完全発酵茶)」と呼ばれる。

烏龍茶は、軽く萎凋と発酵をさせた後、火を通し、揉んで乾燥させたもので、途中で火を入れ発酵を止めることから、「半発酵茶」と呼ばれる。

また、同じチャノキといっても、それぞれに適した品種は異なり、緑茶や烏龍茶には、中国種の「バラエティシネンシス」。
紅茶には、酸化酵素の活性が強く発酵しやすいアッサム種の「バラエティアッサミカ」が適している。


今見られている記事 ランダム
  1. 判をつくの意味・類語・言い換え

  2. たけのこの成長はなぜ早いのか

  3. セメントの意味・類語・言い換え

  4. 帰省と帰郷と里帰りの違い・使い分け

  5. 改定と改訂の違い・使い分け

  6. 美人局の語源・由来

  7. セリフの意味・類語・言い換え

  8. ヘビの語源・由来

  9. 尊家の意味・類語・言い換え

  10. 社畜の意味・類語・言い換え

  1. 投資と投機の違い・使い分け

  2. 裸足と素足と生足の違い

  3. 重症と重傷の違い・使い分け

  4. 虎の尾を踏むの意味・類語・言い換え

  5. 秋の語源・由来

  6. 如月(じょげつ)の意味・類語・言い換え

  7. チェリーボーイの語源・由来

  8. ねぶた(ねぷた)の意味・類語・言い換え

  9. 鬼簿の意味・類語・言い換え

  10. 出生地(生まれ)と出身地と地元と故郷の違い・使い分け

人気記事

  1. 寝ると眠るの違い

  2. 修正と修整の違い・使い分け

  3. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  4. ゴルフクラブとカントリークラブの違い

  5. ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

  6. 順序と順番の違い

  7. おちょこの底にある青い二重丸の名称と役割

TOP