大晦日の語源・由来

大晦日の「みそか」は本来「三十日」と書き、「月の30番目の日」という意味であったが、実際の日付に関係なく、「31日」など「月の最終日」を意味するようになった。
29日で終わる月は、「九日みそか(くにちみそか)」とも呼ばれる。
大晦日の「大」は、一年の最後の月の最終日であることから付けられたもので、「大きい」という意味ではない。

「晦」の漢字は、「月が隠れる」を意味する。
「三十日」に「晦日」の字が当てられるようになったのは、太陰暦では15日が満月とされ、月はその後欠けていき、最後には月が見えなくなることに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 関市の意味・シンボル

  2. 馬の骨の意味・類語・言い換え

  3. 富山県の意味・シンボル

  4. あんずの語源・由来

  5. 嘉辰令月の意味・類語・言い換え

  6. 「日射病」「熱射病」「熱中症」の違い

  7. チャルメラの語源・由来

  8. すこぶるの意味・類語・言い換え

  9. フラミンゴの種類

  10. ワイシャツの語源・由来

  1. 脚色の意味・類語・言い換え

  2. 愚人節の意味・類語・言い換え

  3. 団欒の意味・類語・言い換え

  4. コーチの語源・由来

  5. 木っ端の火の意味・類語・言い換え

  6. ヤマカガシの語源・由来

  7. 「銭」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 「異常」と「異状」の違い

  9. 明石市の語源・由来

  10. サクラマスの語源・由来

人気記事

  1. 長崎市の語源・由来

  2. 「生誕」と「誕生」の違い

  3. 細君の語源・由来

  4. 峠の語源・由来

  5. テントの語源・由来

  6. 愛媛県の語源・由来

  7. 老婆心の語源・由来

TOP