大晦日の語源・由来

大晦日の「みそか」は本来「三十日」と書き、「月の30番目の日」という意味であったが、実際の日付に関係なく、「31日」など「月の最終日」を意味するようになった。
29日で終わる月は、「九日みそか(くにちみそか)」とも呼ばれる。
大晦日の「大」は、一年の最後の月の最終日であることから付けられたもので、「大きい」という意味ではない。

「晦」の漢字は、「月が隠れる」を意味する。
「三十日」に「晦日」の字が当てられるようになったのは、太陰暦では15日が満月とされ、月はその後欠けていき、最後には月が見えなくなることに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 調理と料理の違い・使い分け

  2. 懐かしいの語源・由来

  3. 名前の語源・由来

  4. 日本の意味・別名・類語

  5. コーンの意味・別名・類語

  6. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  7. えぐいの意味・類語・言い換え

  8. 成金の意味・類語・言い換え

  9. プロセスチーズの栄養基礎知識

  10. しんどいの意味・類語・言い換え

  1. 一粒万倍の意味・類語・言い換え

  2. ダサいの語源・由来

  3. 紙鳶(いか)の意味

  4. 干支の意味・類語・言い換え

  5. 猫も杓子もの語源・由来

  6. 使用と利用の違い・使い分け

  7. 虎視眈々の語源・由来

  8. 苦情とクレームと文句と抗議の違い

  9. そうめんの意味・別名・類語

  10. のっぴきならないの語源・由来

人気記事

  1. 辞典と事典と字典の違い

  2. 裸足と素足と生足の違い

  3. クーデターと革命と反乱と内乱の違い

  4. 制作と製作と作成と作製と製造の違い・使い分け

  5. 干支と十二支の違い

  6. 帰省と帰郷と里帰りの違い・使い分け

  7. からしとマスタードの違い

TOP