「晦日」と「大晦日」の違い

晦日とは、月の最後の日のこと。
読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。
みそかは、月の30番目の日(三十日)の意味だが、実際の日付に関係なく、月の最終日を意味するため、31日まである月は30日ではなく31日を「みそか」と言う。
つごもりは、陰暦では月が隠れる頃が月末にあたることから、「つきごもり(月隠)」が音変化したもの。更に音変化して「つもごり」ともいう。
かいじつは、「晦日」の音読。「晦」の字は、月が隠れることを表している。

大晦日とは、12月31日のこと。
一年の最後の月の最終日であることから、「大」を冠して「大晦日」となった。
晦日を「みそか」や「つごもり」と読むのは、和語を当てた当て読みで、漢字本来の読みからすれば「かいじつ」だが、大晦日は「おおみそか」か「おおつごもり」としか読まず、「おおかいじつ」や「だいかいじつ」とは読まない。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」の違い

  2. 「暗い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 尼崎市の語源・由来

  4. みたらし団子の語源・由来

  5. 阿婆擦れの意味・類語・言い換え

  6. イタチの語源・由来

  7. ピンハネの語源・由来

  8. インゲンマメの語源・由来

  9. おとりの語源・由来

  10. 浜松市の意味・シンボル

  1. 水商売の意味・類語・言い換え

  2. 「宿命」と「運命」の違い

  3. 為替の語源・由来

  4. 野田市の意味・シンボル

  5. 智頭町の意味・シンボル

  6. タングステンの語源・由来

  7. ふつつかの語源・由来

  8. エスケープの語源・由来

  9. 海苔の意味・別名・類語

  10. 贅沢の語源・由来

人気記事

  1. かばねの語源・由来

  2. とてつもないの語源・由来

  3. もなかの語源・由来

  4. 落書きの語源・由来

  5. 和泉市の語源・由来

  6. 冬瓜の語源・由来

  7. 「修正」と「修整」の違い

TOP