精子の数え方

精子を数える時の単位

精子は雄性の生殖細胞のひとつで、細胞の数は「個」が使われるため、一般的に精子は「一個」「二個」と数えられます。
また、精子はおたまじゃくしのような形をし、動いているものなので、動くものとして捉えた場合は、魚や虫などの数え方と同じように「匹」を使います。
しかし、専門的にはこれらの単位を付けずに数を表し、「1日にヒトの精巣で作られる精子の数は5000万~1億程である」といった言い方をします。

胎児になった精子の数え方

精子が卵巣に辿り着いて胎児になると、精子は単体ではなくなるので、「個」や「匹」の単位を使って数えません。
まだ人として産まれていないため、「一人」「二人」という数え方もしません。
胎児の数え方は「一体」「二体」と、「体」という単位を使って数えます。

今見られている記事 ランダム
  1. 虫の知らせの語源・由来

  2. うまいの語源・由来

  3. 高飛車の語源・由来

  4. 味方の語源・由来

  5. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  6. ほうほうのていの語源・由来

  7. 一生懸命の語源・由来

  8. 星が瞬く理由と瞬かない星

  9. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

  10. ホルモン(Hormon)の語源・由来

  1. 狼藉の語源・由来

  2. モグラの意味・別名・類語

  3. 妻の語源・由来

  4. ホルモンの意味・別名・類語

  5. 関西と近畿と京阪神の違い

  6. ドヤ顔の語源・由来

  7. カッパの語源・由来

  8. 初夢の意味・類語・言い換え

  9. ビリの意味・類語・言い換え

  10. 春の大型連休の意味・別名・類語

人気記事

  1. 雹(ひょう)と霰(あられ)の違い

  2. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  3. カカオとココアの違い

  4. 御社と貴社の違い・使い分け

  5. ペンギンが空を飛べない理由

  6. 問題と課題の違い

  7. シミとそばかすの違い

TOP