ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

数の子とは

数の子はニシンの卵巣を塩漬けや乾燥させた食品です。
数の子を「数の多い子」と子孫繁栄の意味に捉えて、おせち料理や婚礼の祝儀などに用いられます。

「にしんこ」ではなく「数の子」という理由

数の子の語源が、単純に「数の多い子」の意味からとすれば、「たらこ」や「とびこ(とびっこ)」も「数の子」になってしまいます。
しかし、「たらこ」は「タラの子」、「とびこ」は「トビウオの子」からで、魚の名前に「子」を付けた呼称になっています。
それならば、ニシンの卵は「にしんこ」になるはずですが、「数の子」と呼びます。
実は、数の子も同じように魚の名前に「子」を付けた呼称で、ニシンの方言が変化したものなのです。
北海道や東北地方では、ニシンを「カド」と呼び、ニシンの卵巣を「かどのこ(子)」と呼んでいました。
そこに卵の数の多さも加わって、「かどのこ」を漢字で「数の子(数子)」と書くようになり、読み方も「かずのこ」に変化したのです。

今見られている記事 ランダム
  1. 方言と訛りの違い

  2. 福井県の語源・由来

  3. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  4. 石に灸の語源・由来

  5. 糠の語源・由来

  6. 盆の語源・由来

  7. 杉の種類

  8. 正念場の語源・由来

  9. にんにくの栄養基礎知識

  10. 昆布の語源・由来

  1. 干支の語源・由来

  2. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  3. 七草粥の意味・別名・類語

  4. 関西と近畿と京阪神の違い

  5. ローストの語源・由来

  6. 事実と真実の違い

  7. 皮と革と皮革の違い

  8. 音楽の意味・別名・類語

  9. 春秋に富むの意味・類語・言い換え

  10. 梅の語源・由来

人気記事

  1. クーデターと革命と反乱と内乱の違い

  2. 暑いと熱いの違い・使い分け

  3. タクシーとハイヤーの違い

  4. 野菜と果物の違い

  5. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  6. 明くと開くと空くの違い・使い分け

  7. 震度とマグニチュードの違い

TOP