数の子の語源・由来

数の子は、ニシンを別名「鰊(かど)」と言い、その子なので「かどのこ」と言ったことに由来する。
「かどのこ」が「かずのこ(数の子)」に転じたのは、「かどのこ」の数の多さが影響したものと思われる。
「かずのこ」に転じる以前にも、「数子」に「かどのこ」の読みが付けられた例も見られる。
正月などの祝儀膳に数の子が用いられるようになったのは、室町時代後期頃で、子孫繁栄に結び付けられたことによる。
正月に数の子を食べる風習が庶民の間にも定着したのは、江戸時代元禄期頃といわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 裏目の意味・類語・言い換え

  2. リンドウの語源・由来

  3. バラ肉の意味・類語・言い換え

  4. ジャージの意味・別名・類語

  5. 細君の語源・由来

  6. 函館市の意味・シンボル

  7. しゃらくさいの意味・類語・言い換え

  8. みょうがの栄養基礎知識

  9. はしょるの意味・類語・言い換え

  10. 「山」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. はしかの語源・由来

  2. 禊の語源・由来

  3. 時計の語源・由来

  4. 川崎市の語源・由来

  5. ことわざの語源・由来

  6. 時化の意味・類語・言い換え

  7. 後釜の語源・由来

  8. 東京都港区の意味・シンボル

  9. コレステロールの語源・由来

  10. 石鹸の語源・由来

人気記事

  1. 「傘」と「笠」の違い

  2. 幕下の語源・由来

  3. 秋波の語源・由来

  4. 香具師の語源・由来

  5. 「HTTP」と「HTTPS」の違い

  6. えんがわ(魚)の語源・由来

  7. 伯仲の語源・由来

TOP