数の子の語源・由来

数の子は、ニシンを別名「鰊(かど)」と言い、その子なので「かどのこ」と言ったことに由来する。
「かどのこ」が「かずのこ(数の子)」に転じたのは、「かどのこ」の数の多さが影響したものと思われる。
「かずのこ」に転じる以前にも、「数子」に「かどのこ」の読みが付けられた例も見られる。
正月などの祝儀膳に数の子が用いられるようになったのは、室町時代後期頃で、子孫繁栄に結び付けられたことによる。
正月に数の子を食べる風習が庶民の間にも定着したのは、江戸時代元禄期頃といわれる。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  2. 卯月(ぼうげつ)の意味・類語・言い換え

  3. OCRとOMRの違い

  4. 開運の意味・類語・言い換え

  5. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  6. 菜(さい)の意味・類語・言い換え

  7. ひとりぼっちの語源・由来

  8. 美人局の語源・由来

  9. 呉服の語源・由来

  10. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  1. パッチの意味・類語・言い換え

  2. 飛ぶと跳ぶと翔ぶの違い

  3. ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

  4. 卵の栄養基礎知識

  5. 2月の意味・類語・言い換え

  6. イタチの語源・由来

  7. 存分の意味・類語・言い換え

  8. のっぴきならないの語源・由来

  9. 使用と利用の違い・使い分け

  10. 手段と方法の違い・使い分け

人気記事

  1. 成長と生長の違い・使い分け

  2. 歳と才の違い

  3. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

  4. 木材と材木の違い・使い分け

  5. 大雨と豪雨の違い

  6. 卵と玉子の違い・使い分け

  7. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

TOP