なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか

クリスマスの英語表記「Christmas」は、「Christ」と「mas」に分けられ、「Christ」はキリスト、「mas」は「ミサ」を意味します。
「Xmas」の「X」は、ギリシャ語でキリストを意味する「Χριστοσ」の頭文字です。
「X」の一字でキリストやキリスト教徒、十字架などを意味するため、クリスマスは「Xmas」、もしくは「X-mas」と表記されます。

「X’mas」が間違いといわれる理由

アポストロフィは、英語の省略符号です。
「X」は「Christ」を省略している訳ではないため、「X’mas」と書くのは誤りといわれています。

「X’mas」は日本人の誤りではない

日本で「X’mas」と書かれることが多いのは、日本人が間違って書いたためで、和製英語と同じように捉えられている傾向にあります。
しかし、19世紀には、英語圏でも「X’mas」と表記されていました。
それが日本に入り「X’mas」と書くようになったので、日本人が「Xmas」を誤って「X’mas」と書くようになった訳ではありません。
「Xmas」や「X-mas」ほど多くはありませんが、現在でも英語圏で「X’mas」と表記する例は見られます。

「X’mas」よりも「Xmas」や「X-mas」が多くなった理由

「X’mas」と書いた場合は、「キリスト(Χριστοσ)」を省略したことになります。
キリスト教徒は、キリストを「完全なるもの」と考えており、キリストを省略した「X’mas」には抵抗があります。
「X」の一字で「キリスト」を意味すると考えた場合は、キリストの省略にならないため、「Xmas」や「X-mas」の表記が多くなったと考えられています。

公式の場で使われるクリスマスの表記

「Xmas」の「X」は、単なるアルファベットという認識もあり、宗教的な意味合いが薄れることや、「Xmas」の表記は商業的な印象が強まったことから、欧米では「Xmas」の表記も敬遠される傾向にあります。
そのため、公式の場では「Christmas」と書かれることが多くなっています。

今見られている記事 ランダム
  1. ちくるの語源・由来

  2. 固唾を呑むの語源・由来

  3. にきびの語源・由来

  4. 駄々をこねるの語源・由来

  5. 岡山県の語源・由来

  6. 海老と蝦の違い

  7. 石に針の語源・由来

  8. ブイヨンとコンソメと鶏ガラスープの違い

  9. うなぎとあなごの違い

  10. キリンの語源・由来

  1. アナウンサーとキャスターとリポーターの違い

  2. 息子の語源・由来

  3. 天真流露の意味・類語・言い換え

  4. 目的と目標の違い・使い分け

  5. 道楽者の意味・類語・言い換え

  6. サイクロンの意味・類語・言い換え

  7. 西洋かぼちゃの栄養基礎知識

  8. 呉越同舟の意味・類語・言い換え

  9. 同意語の意味・類語・言い換え

  10. 馬が合うの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 茶道で茶碗を回す理由

  2. 住めば都と住まば都の違い

  3. 体と身体の違い・使い分け

  4. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

  5. 歳と才の違い

  6. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  7. 順序と順番の違い

TOP