なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

なぜ「Christmas」が「Xmas」になるのか

クリスマスの英語表記「Christmas」は、「Christ」と「mas」に分けられ、「Christ」はキリスト、「mas」は「ミサ」を意味します。
「Xmas」の「X」は、ギリシャ語でキリストを意味する「Χριστοσ」の頭文字です。
「X」の一字でキリストやキリスト教徒、十字架などを意味するため、クリスマスは「Xmas」、もしくは「X-mas」と表記されます。

「X’mas」が間違いといわれる理由

アポストロフィは、英語の省略符号です。
「X」は「Christ」を省略している訳ではないため、「X’mas」と書くのは誤りといわれています。

「X’mas」は日本人の誤りではない

日本で「X’mas」と書かれることが多いのは、日本人が間違って書いたためで、和製英語と同じように捉えられている傾向にあります。
しかし、19世紀には、英語圏でも「X’mas」と表記されていました。
それが日本に入り「X’mas」と書くようになったので、日本人が「Xmas」を誤って「X’mas」と書くようになった訳ではありません。
「Xmas」や「X-mas」ほど多くはありませんが、現在でも英語圏で「X’mas」と表記する例は見られます。

「X’mas」よりも「Xmas」や「X-mas」が多くなった理由

「X’mas」と書いた場合は、「キリスト(Χριστοσ)」を省略したことになります。
キリスト教徒は、キリストを「完全なるもの」と考えており、キリストを省略した「X’mas」には抵抗があります。
「X」の一字で「キリスト」を意味すると考えた場合は、キリストの省略にならないため、「Xmas」や「X-mas」の表記が多くなったと考えられています。

公式の場で使われるクリスマスの表記

「Xmas」の「X」は、単なるアルファベットという認識もあり、宗教的な意味合いが薄れることや、「Xmas」の表記は商業的な印象が強まったことから、欧米では「Xmas」の表記も敬遠される傾向にあります。
そのため、公式の場では「Christmas」と書かれることが多くなっています。

今見られている記事 ランダム
  1. タブーの語源・由来

  2. たなごころの意味・類語・言い換え

  3. 胸突き八丁の語源・由来

  4. 梨の栄養基礎知識

  5. 十二指腸の語源・由来

  6. 高松市の意味・シンボル

  7. ちょっかいの語源・由来

  8. 名前の意味・類語・言い換え

  9. 座敷の語源・由来

  10. ケイトウの意味・別名・類語

  1. プロポーズの語源・由来

  2. 顧みるの意味・類語・言い換え

  3. お蔵入りの語源・由来

  4. 魚沼市の語源・由来

  5. 「コック」と「シェフ」の違い

  6. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  7. 国分寺市の語源・由来

  8. マニキュアの語源・由来

  9. 「保証」「保障」「補償」の違い

  10. 猪口才の語源・由来

人気記事

  1. 「初夏」「立夏」「孟夏」の違い

  2. ディルの語源・由来

  3. チョークの語源・由来

  4. ウォンの語源・由来

  5. むなしいの語源・由来

  6. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」の違い

  7. 「開放」と「解放」の違い

TOP