お酒の適量とはどのくらいの量のことか

厚生労働省が推進するお酒の適量

厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g程度の飲酒」としています。
推進されている適量は、通常のアルコール代謝能を有する日本人を対象としているため、女性や高齢者の場合は、これよりも少ない量を適量と考えた方が良いでしょう。

お酒の種類別適量

一口に純アルコール20gが適量といっても、それぞれアルコール度数が異なるため、適量となる飲酒量は種類によって違ってきます。
純アルコールにして20gになる量は、ビールならば中瓶1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、焼酎は0.6合(110ml)、ウイスキーはダブル1杯、ワインは4分の1本、缶チューハイは1缶(350ml)が相当します。

今見られている記事 ランダム
  1. 手が足りないの意味・類語・言い換え

  2. リクルートの語源・由来

  3. ベランダとバルコニーとテラスの違い

  4. 二人称の意味・類語・言い換え

  5. 早いと速いの違い

  6. アパートの意味・類語・言い換え

  7. 大つごもりの意味・別名・類語

  8. ボーナスの意味・類語・言い換え

  9. 価格の意味・類語・言い換え

  10. 嬉しいの意味・類語・言い換え

  1. 青魚の栄養基礎知識

  2. ひげの意味・別名・類語

  3. 敬老の日と老人の日の違い

  4. 月月の意味・類語・言い換え

  5. エブリバディの意味・類語・言い換え

  6. 大尽の意味・類語・言い換え

  7. インフルエンザの意味・別名・類語

  8. 陶磁器の意味・類語・言い換え

  9. レンタルとリースとローンの違い

  10. ウールとカシミヤ(カシミア)の違い

人気記事

  1. 成長と生長の違い・使い分け

  2. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  3. 敬老の日と老人の日の違い

  4. 鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)の違い・見分け方

  5. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  6. 液晶テレビとプラズマテレビの違い

  7. 人種と民族の違い

TOP