お酒の適量とはどのくらいの量のことか

厚生労働省が推進するお酒の適量

厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g程度の飲酒」としています。
推進されている適量は、通常のアルコール代謝能を有する日本人を対象としているため、女性や高齢者の場合は、これよりも少ない量を適量と考えた方が良いでしょう。

お酒の種類別適量

一口に純アルコール20gが適量といっても、それぞれアルコール度数が異なるため、適量となる飲酒量は種類によって違ってきます。
純アルコールにして20gになる量は、ビールならば中瓶1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、焼酎は0.6合(110ml)、ウイスキーはダブル1杯、ワインは4分の1本、缶チューハイは1缶(350ml)が相当します。

今見られている記事 ランダム
  1. アセビの語源・由来

  2. シリクサリの語源・由来

  3. 酢の語源・由来

  4. ターコイズの語源・由来

  5. コツの語源・由来

  6. 恵みの語源・由来

  7. イカすの語源・由来

  8. トリカブトの意味・別名・類語

  9. 「納豆に生卵は食べ合わせが悪い」は大袈裟!

  10. カジカの語源・由来

  1. オリーブの栄養基礎知識

  2. かわいいの語源・由来

  3. 料理の意味・類語・言い換え

  4. あきんどの語源・由来

  5. 偕老同穴の語源・由来

  6. 断腸の思いの語源・由来

  7. がんもどきの語源・由来

  8. 旭川市の語源・由来

  9. 「朝令暮改」と「朝三暮四」の違い

  10. 「関東」「関東地方」「首都圏」「東京圏」の違い

人気記事

  1. 豚バラ肉の栄養基礎知識

  2. フェルトペンの語源・由来

  3. 乙の語源・由来

  4. イカすの語源・由来

  5. 露払いの語源・由来

  6. 「預金」「貯金」「貯蓄」の違い

  7. ラクトアイスの語源・由来

TOP