お酒の適量とはどのくらいの量のことか

厚生労働省が推進するお酒の適量

厚生労働省では、節度ある適度な飲酒を「1日平均純アルコールで20g程度の飲酒」としています。
推進されている適量は、通常のアルコール代謝能を有する日本人を対象としているため、女性や高齢者の場合は、これよりも少ない量を適量と考えた方が良いでしょう。

お酒の種類別適量

一口に純アルコール20gが適量といっても、それぞれアルコール度数が異なるため、適量となる飲酒量は種類によって違ってきます。
純アルコールにして20gになる量は、ビールならば中瓶1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、焼酎は0.6合(110ml)、ウイスキーはダブル1杯、ワインは4分の1本、缶チューハイは1缶(350ml)が相当します。

今見られている記事 ランダム
  1. 秋田県の語源・由来

  2. アンペアの語源・由来

  3. パステルの語源・由来

  4. サインの語源・由来

  5. あまのじゃくの語源・由来

  6. 図に乗るの語源・由来

  7. お釈迦になるの語源・由来

  8. ズワイガニと松葉ガニと越前ガニの違い

  9. 乙女の語源・由来

  10. 穀類(穀物)の栄養基礎知識

  1. ソムリエの意味・類語・言い換え

  2. 風邪の語源・由来

  3. 油を売るの意味・類語・言い換え

  4. つつがないの意味・類語・言い換え

  5. 蛇足の語源・由来

  6. 児童と生徒と学生の違い

  7. 雨の語源・由来

  8. 干し柿の栄養基礎知識

  9. ひまわりの意味・別名・類語

  10. ターキーの語源・由来

人気記事

  1. 延期と順延と延長の違い・使い分け

  2. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  3. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  4. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  5. 浅草神社一社の祭りを「三社祭」と呼ぶ理由

  6. 簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い

  7. 保証と保障と補償の違い・使い分け

TOP