「適量」と「適宜」の違い

料理のレシピには、「適量」や「適宜」という分量表記があり、似た言葉ではあるが意味に違いがある。

適量とは、適度な量を加減して入れること。
適宜とは、必要であれば入れること。

砂糖を「適量」と書かれていれば、必ず入れることが前提としてあり、量に関しては、ちょうど良いと思う量を入れてくださいという意味である。

砂糖を「適宜」と書かれていれば、その時の状態に応じて、甘味が足りないと感じたら入れても良いし、甘味が十分と感じたら入れなくても良いという意味である。
足りないから必要だと思って入れる場合は、ちょうど良いと思われる「適量」を入れることになる。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 片棒を担ぐの意味・類語・言い換え

  2. 一時金の意味・類語・言い換え

  3. 尾籠の語源・由来

  4. 同義語の意味・類語・言い換え

  5. ヒグマの語源・由来

  6. パイナップルの意味・別名・類語

  7. けんもほろろの語源・由来

  8. カシューナッツの栄養基礎知識

  9. 新潟市の語源・由来

  10. チェロの語源・由来

  1. へっちゃらの語源・由来

  2. 隈取りの語源・由来

  3. 自任の意味・類語・言い換え

  4. うざい(うざったい)の語源・由来

  5. タルタルソースの意味・類語・関連調味料

  6. 遮るの語源・由来

  7. ビュッフェの意味・類語・言い換え

  8. エクレアの語源・由来

  9. テレコの意味・類語・言い換え

  10. アマダイの語源・由来

人気記事

  1. 禊の語源・由来

  2. 「代議士」と「国会議員」の違い

  3. 「住めば都」と「住まば都」の違い

  4. ハンバーグの語源・由来

  5. 「ムース」と「ババロア」の違い

  6. 一枚看板の語源・由来

  7. 竹馬の友の語源・由来

TOP