適量と適宜の違い


料理のレシピには、「適量」や「適宜」という分量表記があり、似た言葉ではあるが意味に違いがある。

適量とは、適度な量を加減して入れること。
適宜とは、必要であれば入れること。

砂糖を「適量」と書かれていれば、必ず入れることが前提としてあり、量に関しては、ちょうど良いと思う量を入れてくださいという意味である。

砂糖を「適宜」と書かれていれば、その時の状態に応じて、甘味が足りないと感じたら入れても良いし、甘味が十分と感じたら入れなくても良いという意味である。
足りないから必要だと思って入れる場合は、ちょうど良いと思われる「適量」を入れることになる。

今見られている記事 ランダム
  1. 蕃茄の意味・類語・言い換え

  2. 祭月の意味・類語・言い換え

  3. マナーとエチケットの違い

  4. 急がば回れの意味・類語・言い換え

  5. 一寸法師の意味・類語・言い換え

  6. コーチの意味・類語・言い換え

  7. 油の語源・由来

  8. 回顧の意味・類語・言い換え

  9. かっぱ巻きの意味・別名・類語

  10. マグニチュードの語源・由来

  1. ソーセージとウインナーの違い

  2. 拳闘の意味・別名・類語

  3. いたちごっこの語源・由来

  4. ずんだ餅の語源・由来

  5. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  6. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  7. 濡れ手で粟の意味・類語・言い換え

  8. マンスリーの意味・類語・言い換え

  9. 対称の意味・類語・言い換え

  10. 電卓と電話でテンキーの並び順が違うのはなぜか

人気記事

  1. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  2. 基準と規準の違い・使い分け

  3. 薄力粉と中力粉と強力粉の違い

  4. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  5. せんべいとあられとおかきの違い

  6. 日本酒と焼酎の違い

  7. 予言と預言の違い

TOP