恐ろしいと怖いとおっかないの違い


身に危険を感じて不安であったり、不気味で避けたい気持ちになることを「恐ろしい」「怖い」「おっかない」という。
「恐ろしい」は客観的な表現。「怖い」と「おっかない」は主観的な表現である。

「恐ろしい事件」「怖い事件」「おっかない事件」はどれも使える。
また、「恐ろしかった」「怖かった」「おっかなかった」も使える。
しかし、自分が事件に巻き込まれ、その時の感情も含めて伝える場合、「恐ろしい事件に巻き込まれて、怖かった」という言い方は出来ても、「怖い事件に巻き込まれて、恐ろしかった」と言うと不自然になる。
これは、客観的に危険性を伝えるのが「恐ろしい事件」であり、主観的な恐怖感を伝えるのが「怖かった」だからである。

「おっかない」も「怖い」と同じ主観的表現だが、「恐ろしい事件に巻き込まれて、おっかなかった」と言った場合は、やや不自然になる。
これは、「恐ろしい」がやや改まった言葉であるのに対し、「おっかない」は俗語的で軽い印象を与え言葉で、客観的な危険性(恐ろしい)と主観的な恐怖感(おっかない)とのバランスが取れていないためである。


今見られている記事 ランダム
  1. 苦情とクレームと文句と抗議の違い

  2. 及ばぬ鯉の滝登りの意味・類語・言い換え

  3. 眉の意味

  4. 浅草神社一社の祭りを「三社祭」と呼ぶ理由

  5. イノシシの意味・別名・類語

  6. タコの意味

  7. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  8. 拙いの語源・由来

  9. 髪の毛の意味・類語・言い換え

  10. 破天荒の意味・類語・言い換え

  1. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

  2. 漫画とアニメとアニメーションの違い

  3. いぼの語源・由来

  4. センマイの意味・別名・類語

  5. 青田刈りの語源・由来

  6. ことわざの語源・由来

  7. 狼藉の語源・由来

  8. 次郎柿の語源・由来

  9. 「鶴は千年亀は万年」本当の鶴と亀の寿命は何年?

  10. 宝持の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 安全第一の続きと由来

  2. 秘密と内緒と内密の違い・使い分け

  3. 日本一高い山は富士山ではなかった

  4. 天気と天候と気候と気象の違い・使い分け

  5. 帰省と帰郷と里帰りの違い・使い分け

  6. お菓子と駄菓子の違い

  7. 検討と見当の違い・使い分け

TOP