怖いと恐いと強いの違い・使い分け


怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力がありそうで不気味であるといった意味で使われる。
「怖い」と「恐い」に意味の違いがないため、「怖い」と「恐い」には使い分け方もない。
ただし、私的な文章では「怖い」と「恐い」のどちらを使っても問題ないが、「恐い」は常用漢字外であるため、公用文では「怖い」を使わなければならない。

「恐い」を別の読み方をすると「恐ろしい」になる。
「怖い」は心情を主観的に表し、「恐ろしい」は客観的に表す言葉であるため、主観的な時には「怖い」、客観的な時には「恐い」という使い分け方をいわれることもある。
しかし、「怖い」と「恐ろしい」の比較は、常用漢字外である「恐い」を使わず、常用漢字の「怖い」と「恐ろしい」を比較したものであり、「怖い」には「恐い」も含まれている。
つまり、「怖い」と「恐ろしい」の違いは、「恐い」と「恐ろしい」の違いでもあるため、それを元に「怖い」と「恐い」の使い分けを考えることはナンセンスである。

強いは、「つよい」とも読み、「手強い(てごわい)」という言葉もあるように、力強い、強情である、かたい、ごわごわしているといった意味で使う。
「怖い・恐い」と「強い」では意味が異なるが、元々、「こわい」は「かたい」という意味で、そこから「つよい」の意味が生まれ、「つよい」から「近寄りたくない」といった感情を表すようになったもので、「怖い」も「恐い」も「強い」も語源は同じである。


今見られている記事 ランダム
  1. 退職の意味・類語・言い換え

  2. ありがとうの意味・類語・言い換え

  3. 土用の丑の意味・類語・言い換え

  4. ひつまぶしの語源・由来

  5. 酷いの語源・由来

  6. セルライトの意味・別名・類語

  7. 牛乳と加工乳と乳飲料の違い

  8. 平和と和平の違い

  9. マンスリーの意味・類語・言い換え

  10. パーソナルトレーナーの意味・類語・言い換え

  1. 同居の意味・類語・言い換え

  2. 一期一会の語源・由来

  3. シソの語源・由来

  4. 最近と近頃とこの頃と昨今の違い・使い分け

  5. 果物の栄養基礎知識

  6. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  7. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  8. ハリケーンの語源・由来

  9. 呉服の語源・由来

  10. 関東雛と京雛の違い

人気記事

  1. 5円玉の穴と50円玉の穴の違い

  2. 聖歌と讃美歌の違い

  3. 風邪とインフルエンザの違い

  4. 意図的と恣意的の違い

  5. 夏季と夏期の違い・使い分け

  6. 耐震と免震と制震と制振の違い

  7. バレンシアオレンジとネーブルオレンジの違い

TOP