台風の「大型」「超大型」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の違い

気象庁で発表される台風情報では、「超大型で非常に強い台風」というように、台風が大きさと強さで表される。

大きさの階級は、風速15m/s以上となる強風域の大きさによって、「大型」と「超大型」の2段階に分けられ、大型は「大きい」、超大型は「非常に大きい」と表現されることもある。
大型の台風は風速15m/s以上の半径が500km以上~800km未満のもの、超大型の台風は800km以上のものをいう。

強さの階級は、10分間平均の最大風速によって、「強い」と「非常に強い」と「猛烈な」の3段階に分けられる。
強い台風は、33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満。
非常に強い台風は、44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満。
猛烈な台風は、54m/s(105ノット)以上である。

かつては、台風の大きさを「ごく小さい」「小型」「中型」「大型」「超大型」の5段階、強さを「弱い」「並の強さ」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の5段階で表していた。
しかし、1999年に神奈川県の玄倉川で起きた水難事故をきっかけに、「小型」や「並」などの表現は過小評価される恐れがあり、防災上好ましくないと考えられるようになったことから、2000年6月1日より「ごく小さい」「小型」「中型」、「弱い」「並の強さ」の表現は廃止された。

そのため、「大型」と「強い」の基準に満たない台風の場合は、大きさや強さの表現をせず、単に「台風」と呼び、大きさが500km未満で、風速が33m/s以上~44m/s未満のように、一方のみ基準を超えている場合は、「強い台風」といった表現がされている。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. ブッポウソウの語源・由来

  2. 海賊版(海賊盤)の語源・由来

  3. カシの意味・別名・類語

  4. 資本の語源・由来

  5. 紫芋の栄養基礎知識

  6. リクルートの意味・類語・言い換え

  7. 濡れ縁の語源・由来

  8. 踏ん張るの語源・由来

  9. 平凡の意味・類語・言い換え

  10. 村八分の意味・類語・言い換え

  1. お仕置きの意味・類語・言い換え

  2. 助六寿司の意味・別名・類語

  3. あまつさえの語源・由来

  4. しめ縄の意味・別名・類語

  5. ダンクシュートのダンクの意味

  6. かつらの意味・類語・言い換え

  7. ほめるの意味・類語・言い換え

  8. スミイカの意味・別名・類語

  9. ユリの意味・別名・類語

  10. ヒツジの意味・別名・類語

人気記事

  1. 下関市の語源・由来

  2. くるぶしの語源・由来

  3. 土砂降りの語源・由来

  4. どんでん返しの語源・由来

  5. おしめの語源・由来

  6. 獣の語源・由来

  7. オオイヌノフグリの語源・由来

TOP