情けは人の為ならずの語源・由来

情けは人の為ならずの意味は、「人に情けをかけて甘やかすと、かえってその人のためにならない」と誤解されやすいが、人に情けをかけることを奨励する言葉である。
この誤解釈は、「なら」を動詞「なる」の未然形に「ず」が付いたと考え、「人の為ならず」を「人の為(に)なる」の否定で、「人の為にならない」の意味と捉えることから生じるものである。

情けは人の為ならずの「ならず」は、「である」を意味する断定の助動詞「なり」の未然形「なら」に、打ち消しの助動詞「ず」が付いたもの。
「人の為なり」は「人の為である」。それを「ず」で打ち消した「人の為ならず」は、「人の為ではない(=自分の為である)」を意味する。

新渡戸稲造の『一日一言』(大正4年)に「施せし情は人の為ならず おのがこゝろの慰めと知れ」とあるため、「情けは人の為ならずには続きがある」「新渡戸稲造が作った言葉」などとされることもある。
しかし、これは「情けは人の為ならず」を使ったひとつの例であり、新渡戸稲造が作ったわけでも、続きがあるわけでもない。

「情けは人の為ならず」の古い使用例には、『貞享版沙石集』(1283年)の「かかりし人にて、子孫いよいよ繁盛せり。情は人のためならず。道理誠に思知られ侍り」。
『太平記』(14世紀後半)の「情は人の為ならずとは、加様の事をぞ申べき」などがある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 9月の意味・異名・類語

  2. はちみつの栄養基礎知識

  3. ナナカマドの種類

  4. 「異常」と「異状」の違い

  5. 濡れ縁の語源・由来

  6. ヤマユリの意味・別名・類語

  7. しのぎを削るの意味・類語・言い換え

  8. とろろ昆布とおぼろ昆布の違いは名前だけ?種類についても解説

  9. 相撲の意味・類語・言い換え

  10. 軍鶏の語源・由来

  1. 佳月の意味・類語・言い換え

  2. パエリアの意味・類語・関連料理

  3. 箍が緩むの語源・由来

  4. 川寿の語源・由来

  5. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」の違い

  6. 三面記事の語源・由来

  7. けじめの語源・由来

  8. ししおどしの語源・由来

  9. ドラゴンの意味・別名・類語

  10. メランザーネの意味・別名・類語

人気記事

  1. ハタハタの語源・由来

  2. カモの語源・由来

  3. センダンの語源・由来

  4. ゼラチンの語源・由来

  5. 「王将」と「玉将」の違い

  6. 亜麻仁油の栄養基礎知識

  7. ストレスの語源・由来

TOP