他山の石以て玉を攻むべしの語源・由来

「攻む」は、磨き加工するの意。
『詩経-小雅・鶴鳴』の「他山の石、以て玉を攻むべし(よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つ)」から。
他人の誤りを自分の修養の役に立てることをいう。

出典:他山の石以て玉を攻むべし – 故事ことわざ辞典

TOP