他山の石以て玉を攻むべしの類語・言い換え

他山の石以て玉を攻むべしの読み・別表記

たざんのいしもってたまをおさむべし

他山の石以て玉を攻むべしの意味

他人のつまらない言動も、自分の才能や人格を磨く材料とすることができるというたとえ。

故事ことわざ辞典「他山の石以て玉を攻むべし」の類義語

他山の石/玉を攻むるに石を以てす/殷鑑遠からず人こそ人の鏡/人を鑑とせよ/人を以て鑑と為す/上手は下手の手本下手は上手の手本/人の振り見て我が振り直せ/人の上見て我が身を思え/前車の覆るは後車の戒め覆轍

出典:故事ことわざ辞典

TOP