富士見市の語源・由来

富士見は、1956年(昭和31年)、入間郡の鶴瀬村と南畑村、北足立郡水谷村が合併して誕生した「富士見村」から見られる地名で、合併時の新命名である。
1964年(昭和39年)に町制を施行して「富士見町」となり、1972年(昭和47年)に市制を施行し「富士見市」となった。
その名の通り、富士見は富士山が見える地であることに由来する。

出典:語源由来辞典

TOP