番狂わせの語源・由来

番狂わせは、江戸時代後期から用いられている語。
「番」は物事の順番のことで、予期しない出来事によって順番が狂うことをいった。
現代では主に、スポーツなどで、実績などから予想される勝敗とは異なる結果になることを意味し、「優勝候補チームが初戦敗退の番狂わせ」などと用いる。
この意味の変化は、相撲の影響と考えられており、下位の力士が上位力士に勝利することは、番付の順位と逆の結果になることからという。

出典:語源由来辞典

TOP